RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その36)

やっと赤いパーツのキズ埋め&捨てサフ落しが終わりました。
現在乾燥中。
DSC_0269.jpg

この後本サフを吹いて、もしまだ傷が残っていたら、またキズ埋めです。
大丈夫と思いたい。

そして、赤以外のパーツの表面処理についてはまだ手付かずです。
ほとんどが見えなくなるパーツなので、ササッと済ませるつもりです。

(つづく)

ガンプラEXPO 2014

ガンプラEXPO ワールドツアージャパン2014に行って来ました!

しかし、今回は写真を撮らないことにしました。
何故かと言うと、あからさまに混雑の原因となってるし、
色んなサイトで綺麗な写真が紹介されてるから、
人の邪魔になるくらいならもういいかと、
今年は撮らない事にしました。

この紹介がBANDAI側にとっては宣伝になるのでしょうが、
なんせ混みすぎだし、カメラが邪魔だしでゆっくり製品を見ることができない。
撮影禁止で、人を流して行くのもアリなのかなぁと思った次第です。

というわけで、写真については、ニュースサイトの紹介だけにさせていただきます。
ガンプラEXPO 2014 レポート
http://hobby.dengeki.com/news/42275/
ガンプラビルダーズワールドカップ日本大会決勝出場作品
http://gunplaexpo-japan.com/
の「日本大会2次審査結果」のページ


<新製品系>
発売時期等も別のサイトに任せることにして、私的にコレは買うというものを紹介。
なんせお小遣いが限られているので、厳選しないとなのです。

PG ユニコーン:
お金ないのでパスしますが、フルアーマー状態は圧巻です。
キット化が望めなかった機体でも、お金さえ払えば手に入れられるというのは前向きに見ています。

RE/100:
Mk-IIIは様子見。設定画よりは格好良くできていると思うのですが、
いかんせん映像化されておらず思い入れが無くて。

GP-04はお、格好良いかもと思えました。
肩が不評なのは前からですね。
ガーベラを元に無理やりデザインしたので、しょうがないといえばしょうがないのですが。

第4弾の発表は、まさかのディジェ。
これ結構不評なMS。
デザイナーですら、アムロが乗ることを知らなかったそうで、
おそらくガザC的なポジションでネオ・ジオン用にデザインされていたものを、
トミノ監督がカラバに持ってきちゃったのではないかと。
(Gレコで同じような事をしたとの事なので)
左肩と後ろのバインダーがなんの機能なのかさっぱり分からない辺りが2の足を踏ませるのですが、
足回りはなんか格好良いかもとは思いました。

RE/100は3500円+税辺りの価格帯を狙うみたいですね。

MGダブルエックス:
MGエックスを詰んでいますが、2体是非そろえたいところ。

RG:
ウィングは買います。
PBの羽エフェクトはオーバースケールだし、いらないかな。
1/100で使うと良いのかも?
アドヴァンスドMSジョイントをWシリーズ5機を想定して設計したとの事で、
今後「ガンダム5機確認」できるのでしょうか。

ダブルオーライザーも買いですが、値段が跳ね上がりそうですね。

HG:
普段HGは一切買わないのですが、V2アサルトバスターだけでは別格。


<つくろうガンプラのコーナー>
10:30からの川口名人によるつくろうガンプラのコーナーを1時間立ち見しました。
ガンプラデビューは爪切りという人が大多数でびっくりした。
この回の説明は基本的な事でした。
初心者向けにレベルを落として説明されている感じでした。

1点すごく気になることがあります。
川口名人の手がかなりむくんでいる!

最初はあんな大きな手で細かい作業できるのかなとかのん気に見ていたのですが、
どうも、太ったので手に脂肪がついているという風には見えませんでした。
確か内臓疾患で手がむくむ事って無かったっけ?
↓調べてみました↓
http://q.hatena.ne.jp/1219116209

川口名人には是非とも早急に診察を受けていただきたい。
(既に受けてらっしゃるかもしれませんが、名人と親しい方、もし見ていたら診察を勧めてあげて下さい)


<ガンプラビルダーズワールドカップ2014 日本大会決勝>
去年投票した作品が世界一になったので、調子こいて今年も投票作品を発表してみたいと思います。

去年は適当に全部見てコレと思ったものに入れただけだったのですが、
今年は、この作品に日本代表になってもらい、世界一になって欲しいという視点で見ました。

結論から言うと、17番、三木さんのバイアラン・カスタムに投票しました。

最初は山口さんのビルドストライクをすごく楽しみにして見に行きました。
Webで紹介されている通りの見栄え、発光具合なら、アイディア、作りこみ、出来全て1番で、
間違いなく投票したと思います。

が、いかんせん会場が明るく、ケースの上部にまで蛍光灯がついていて作品の邪魔をかなりしており、
蛍光塗料による発光が不十分な感じがしたのです。
作品のせいではなく、展示条件のせいなので心苦しいのですが、
日本代表として世界と戦って頂くには不利と考えました。

そこで残り2点に絞られました。
8番、kobarutoさんのエールストライクガンダムと、17番、三木さんのバイアラン・カスタム。

ストライクは平面を複数枚重ね合わせた立体でパッケージアートを再現しようというアイディアはものすごく良くて、
模型SNSサイトのMGで見かけて以来、すごいなぁと思っていました。
が、ストライク自体の出来はシンプルという感じで、審査員がアイディア以外の部分に目を向けたとき、
やや不利かと考えてしまいました。

今まで行かせてもらった展示会では多少混んでいるとは言え、
そこそこジックリ見る時間もありました。
1列目で見る余裕もありました。

が、今回のEXPOではとにかく人が多くて、前に進むのも困難。
2列目、3列目から作品の1部だけがやっと見られるなんてのが普通でした。
だからこそ、じっくり作品をあえて見ず、パッと見てなにか飛び込んでくるものがなければ、
審査員にもきっと何も訴えかけないだろうと、次の作品にさっと進んでしまう方法で全作品を見ました。

・ハイディテール、プロポーション変更
・ジオラマ
・追加武装のカスタム機
・アイディア勝負
・ネタ勝負
とかに分類されるのかなと思うのですが、私は割りとアイディア大好きっ子でして、
そういうものが目に飛び込みやすいのですが、今回はハイディテール系のバイアラン・カスタムに投票。
(と、いいつつ、去年もハイディテールに投票したかw)

一目で
・ハイディテールにより実在感の説得力が出ている
・細かい作業・根気の要る作業を想像させる
はもちろん飛び込んできたのですが、
あれ?バイアラン・カスタムってこんな形だっけ?
これかなり見た目も改造されてるよね?
足とかこんな形じゃないよね?
と、次に改造点の方へ自然と目が行きました。

全体を見るとMSの文法の枠には入っているんだけど昆虫の様でもあり、
なんか見たこと無い造型のMSという新鮮味も与えてくれる作品で、
これなら世界と戦って勝ってくれるかもと思い、1票投じさせて頂きました。

素組みに毛が生えたくらいしかいじらない私が言うなって感じですよね。
はい、スイマセン。


<中級者向け、EXPO本当の見所>
私的EXPO本当の見所は、つくろうガンプラブースの隣にある、シュンさん作成の作品たちです。
何故かと言うと、素組みの作品と並べて展示されており、
何が違うのか、どこがどう変わったのか、比較することができるようになっているからです。

実は私はジックリ見れなかったのですが、
他の展示会でも、素組み作品と並べて置かれることはほぼなく、
何がどう変わったか比較しながら作品を見て学べる機会は殆どありません。
(模型誌では良くある比較ですが)

生の教科書がそこにあるという感じでしょうか。
え?Gセルフの肩のバーニア、そんなにエッジパキパキにしちゃうの?
というか、作り直した???大きさ随分違うし?
そっか、確かに元のキットの方はモールドがなんか甘いというかハッキリしない感じだね。
と自らの目で比較することで、学んでいくことが出来ます。

是非、素組みを卒業された方は、
新製品とかはネットにいい感じの写真転がっているのでささっと通過し、
この展示を時間をかけてみてみると良いかもしれません。


以上、写真も無いくせに偉そうで長文なレポートでした。

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その35)

今回も文章だけで。

結局ウルトラファインのスポンジヤスリは#800~1000と今頃気がついて、
スーパーファイン(#320~600)でサフ落としてから、ウルトラファインで表面を整えることにしました。

目標としては#600で良いのだけれども、#320~って所が気になるので、
一応ウルトラファインで仕上げ。

パーツの数的にはまだ減っていませんが、大物がササッと終わったので、
作業を加速できそうです。


明日はガンプラEXPO!
もう色々ニュース出てますが楽しみです。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その34)

今日は文章だけです。

埋めたキズの処理と捨てサフ落としをやっています。
「はー、今日結構頑張ったわぁ」
と2時間弱やって、
ふと机の上を見ると、
「全然減ってない・・・」

そんなばかなと処理が終わって、洗浄用にまとめてあるカニ鍋をのぞくと
「全然増えてない・・・」

#600のペーパーとウルトラファインスポンジヤスリの消費ははげしいわ、腕は疲れるわで、
「うーん、楽できないかな」
と思い始めた今日1日でした。

一応電池式ポリッシャーあるけど、直ぐ目が詰まりそうだ。
無いよりましか?

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その33)

捨てサフ吹きました。
DSC_0268.jpg

思っていたよりかはガビッとやってしまったスジ彫りは少なく、
(あくまでも思っていたよりかは、です)
とりあえず爪楊枝で白瞬着をキズに塗りこみました。
乾燥待ち。

次回は、埋めた傷と一緒にヤスって表面処理していきます。
にしても、もう発売から2ヶ月か・・・。
11月中の完成も危うい・・・。

そういえば、残件に電池ボックスの作成を忘れていました。

(続く)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その32)

ゲームが少し落ち着いたので復帰しました。

前回の記事のコメントで盾の取り付け角度を変える方法を教えて頂けたので、
早速やってみたいと思います。

盾はこのように、腕と盾が接続パーツで繋がりますが、
DSC_0254.jpg
キットのままだと、
DSC_0256.jpg
このようにぶら下げる角度のとりつけとなってしまい、ちょっと不恰好です。

このように、腕の側面に構えられるようにしたいわけです。
DSC_0265.jpg

基部の頭をスパッと切って、
DSC_0258.jpg
ヤスリで平らにし、
DSC_0259.jpg
側面に瞬間接着剤で接着し、
DSC_0260.jpg
ヤスって形を整えつつ、白瞬着で隙間を埋め、
DSC_0263.jpg
ポリパテで切り取ったところの穴をふさげばできあがりです。
DSC_0264.jpg

今回初めて白瞬着を使いましたが、思ったよりも液状で硬化に時間がかかりました。
粘度の高い黒瞬着と混ぜてみたりもしましたが、硬化時間がかかるのは同じでした。

硬化促進スプレー(高い)買わないとだめぇ?
水分で固まるらしいし?霧吹きで水かけちゃだめ?

残っていたパーツのヒケ処理も終わり、次回はパーツ洗浄&捨てサフ&表面処理(キズ埋め)になります。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その31)

昨日と今日でフレーム関係と
DSC_0252.jpg
左下の腕関係のヒケ処理が終わりました。
DSC_0253.jpg
残るは右上の頭と、バーニア類です。

塗装の前までにはやらなければならない残件があります。
1:肩バーニアの絶縁処理
  こちらは、細いプラパイプを買ってきましたので、そちらで解決する予定です。
  長さを決めて、6本用意しないとです。
2:マルイチモールドの用意
  ディテールアップパーツからマルイチモールドを切り離して、
  実際にはまるかどうか、接着に問題なさそうか確認する必要があります。
  もし、穴が微妙に大きく側面で接着できなさそうなら、裏面にプラ板を貼る必要がありそうです。

そして、やりたいけど、ちょっと難しいと思っているのが、
3:シールドの取り付け位置を腕の背面ではなく、側面にできるようにする
  モデルグラフィックス 2014年12月号の作例にあったのですが、
  キットのままだと、シールドは腕の背面に付き、ぶら下げる感じになります。
  これが側面だと確かにシールドのデカールも見え、見栄えが良くなりそうです。
  ただ、私の技術力でどう解決するかと、完成時期の遅れが問題です。
  (まぁ、締め切りは無いのですが、発売から時間も経っていますし・・・)
4:同上でビームライフルを固定できるようにする
  同じくMGの作例です。
  ただ、ビームライフルはもう左右接着してしまって、中にポリキャップ等を仕込むことはもうできず、
  外側から穴でもあけて、固定することになりそう
もうちょっと表面処理を進めてから決めようと思います。

とりあえず、引き続きヒケ処理・・・。
なのですが、某ゲームの大型アップデートがあり、しばらく時間取られそうです・・・。

(つづく)

「第1回 千葉しぼり 展示会」(動画あり)

「第1回 千葉しぼり 展示会」に行って来ました。

まず驚いたのは、会場にいたお客さんの人数です。
自分が着いたのは14時過ぎだったのですが、
入り口から会場をみたとたん、(たぶん)200人位が所狭しと会場を埋め尽くしているっ!

ええっ!?千葉の1模型サークルの展示会でこんなに人が来るものなの?
雑誌とかで告知されたわけでも無いのに!?

正直9月にあった八潮の展示会をイメージしていたので、
静かな会場の中ゆうゆう作品を見られると思っていました。
プロモデラーさんが暇そうなら、あわよくばサインでももらおうかと思って、
重い思いしながらGHLや今日発売の模型雑誌まで用意してたのに、そんな雰囲気ではない!

とにかくたくさんの超絶作品と人に埋め尽くされた会場でした。
そして、天気が良かったのと人が多かったのもあり、会場が暑かった。
汗かきながらハンディカムで動画を撮影していた不審者は私です。

そうです。
全作品-1を動画に撮ってきました。(談話用のテーブル除く)
-1は動画撮影時には展示されていなかった61式戦車です。
写真は多分色々なサイトで紹介されるでしょうから、
動画撮ったれと、これまた重い思いしながらハンディカムで撮ってきました。
(受付の人に許可いただきました)

あの雑誌の表紙のアレとか、
某所に飾ってあったアレとか、
去年の八潮で見たアレに再会とか、
とにかくたくさんの作品があったのですが、
全て説明無しで、生の動画を公開します。

(そういえば、公開までして良いか確認取り忘れたので、関係者の方、マズければ言って下さい。すぐ消します。)
(↓のコメントでn兄さんご本人に怒られなかったので、許可いただけたということで!)

ファイルサイズ縮小のため、画質を落としています。
手ぶれも酷いし、ガンダム以外のものはスルーっと次へ移っちゃったりもしています。
動画とは言え、全方向から撮ったわけではないので、あらゆる方向から作品が見れるわけでもありません。
色合いも肉眼で見るものと動画で見るものは少し違うようです。
撮影中に人にぶつかって、「あっ、すいません」なんて声も入っているかもしれません。
ご了承下さい。

それでは、「第1回 千葉しぼり 展示会」、会場の喧騒そのままにお楽しみ下さい。
[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS
[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

以上です。

そういえば、今作っているナイチンゲールのスジ彫りが、多分深すぎるんだろうなと思って、
上手い人はどのくらいの深さでやっているのだろうかと、会場を3周したのですが、
私の探しているような(スジ彫りのお化けのような)作品はありませんでした。

というのも、スジ彫りやLED発光で語る作品が会場には1つも無かったからです。
みんな造型や情景で語っており、LED発光しているものもあったのですが、
あくまでもオマケ、例え光らなかったとしても、その作品の価値は下がらないというものばかりでした。

その分殆どの作品でスジ彫りは控えめ、あるいはキットのままだったように思え、
やっていたとしても、すごく細いスジ彫りがピシっと、しかし控えめに浅く掘ってあるだけでした。

15:10分頃、コンテストの結果発表を15:30からしますとアナウンスがあったのですが、
とにかくかばんが重くて限界だったので、結果を見ずに帰ってしまいました。
ので、NAOKIさんやMax渡辺さんには会えずでした。
テヘペロ。

次回はガンダムEXPOで超絶作品に出会えるのが楽しみです。

以上、「第1回 千葉しぼり 展示会」のレポートでした!

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その30)

今日のヒケ処理はこれだけです。
DSC_0251.jpg
両肩、腰(後)のプロペラントタンク、股間アーマー、胴体側面のパーツ。

残り、
両腕、頭、ファンネルコンテナのバーニア部分、腰、胴体、武器、各種バーニア。
武器は後回しにするかも。

=====

さて、明日は浅草橋で開催される、「第1回 千葉しぼり 展示会」を見に行こうと思います。
千葉を拠点とする模型サークル主催の展覧会で、プロモデラーなどの(超絶)作品も見れるそうです。

雲の上の人たちが作るすさまじい作品を見てしまうと一回心が折れてしまうのですが、
それはそれ、これはこれでゆっくりと自分の道を進んでいこうと思っています。

エアブラシの塗装に慣れてきたので改造に挑戦してみようと、
ネットで改造方法などを調べようと検索して、n兄さんshunneigeさんのHPにたどり着き、1回心が折れました。
登ろうと思った山の高さに愕然としましたw

え?ナニコレ?
ツノ尖らせて、足延長して、Max塗りとウェザリングじゃだめなの?(←20年前で止まっている)
模型雑誌だけは読み続けていたけど、こんなすさまじい作例見たことネーヨ!

あれから1年半経って、未だに大がかりなプラ板改造&スタイルチェンジとかは手を出していませんが、
(RX-78-2 ガンダム ver Kaがお手つき状態で机の上にずっといますが)
1つプラモを作るたびに、1つ以上の新しいスキルを覚えるべし(RG除く)という自分ルールを守っています。
一歩ずつ前に進んでいますが、ぜんっぜん登れた気がしない・・・w

できるかできないかは、やるかやらないかの差だと思っているので、
心が折れてもコツコツ続けようとは思っています。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その29)

今日の成果はこれだけ。
DSC_0250.jpg
腰(横)x2、腰(前)x2、お腹、盾

今までで一番ヒケてたのは腰(前)パーツの隠し腕でした。
どうせ見えなくなるのにと思いつつも、表面処理・・・。

腰(前)のアーマーは接着してから表面処理した方がいいけど、
今接着しちゃうとバーニアが塗れなくなってしまうので、
接着しないまま表面処理しました。

残り、両肩、両腕、頭、ファンネルコンテナのバーニア部分、腰(後)のプロペラントタンク、
腰、胴体、股間アーマー、武器、各種バーニアって所です。
あと3・4日かかるかなぁ・・・。

1杯目のカニ鍋は洗って現在乾燥中。
削りかすが取れて、ビシッとしたスジ彫りが浮き出てきました。
ミスってはみ出たところも、浮き出てますが・・・。

(つづく)
NEXT≫
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

作品










最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
記事内紹介プラモデル


もっと見る
リンク
カウンター
広告
Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - PG
2015年1月
2014年12月発売
2014年11月発売
2014年10月発売
2014年9月発売
2014年8月発売