THE GUNDAM BASE TOKYO プレオープンに行ってきました

沢山写真を撮ってきたので、解説しながら。

まずはユニコーン立像。
もう結構できてました。
DSC_0214_20170818005318877.jpgDSC_0216_201708180053204c8.jpgDSC_0215_20170818005319c65.jpg

7F、THE GUNDAM BASE TOKYO正面入口です。
DSC_0217_2017081800532262f.jpg

最初に大体のマップを描いてみました。
見取り図発表されてないんですね。
GUNDAM_BASE_TOKYO2.jpg

入り口入って右手には、歴代1/144ガンダムが飾ってありました。
DSC_0218_20170818005323085.jpg
DSC_0219_201708180053256da.jpg
DSC_0220.jpg
写真に撮りませんでしたが、正面には著名人(?)の作品が飾ってありました。

ここを過ぎると、T字路になっており、右手が限定品販売コーナー、左手が展示スペースなのですが、導線が悪いなと思いました。
先に物販に行くと荷物が邪魔だし、展示を先に見るにしても、
一番良いルートは、限定品物販コーナーを抜けた先、
マイスター関田さんがいらっしゃる、実演コーナーを最初に見て、反時計回りに見るのが良いかと思います。
(私は時計回りに見てしまい、ちょっと効率が悪かった)

物販コーナー(右手)側に飾ってあった、製品。
トールギスの成形が中々良いなと思いました。高いけど。
DSC_0221.jpg

効率悪く左手側に行った場合の写真。
ビルドファイターズのイベントコーナーにプラモが沢山飾ってあります。
DSC_0222.jpg
DSC_0223.jpg
DSC_0224.jpgDSC_0225.jpgDSC_0226_20170818005335e0b.jpg
GMのガラスケースには、布で覆われた何かが隠れている気がします。
DSC_0227_20170818005337781.jpgDSC_0228_20170818005338bc9.jpg

BFコーナーを抜けると、ガンプラの制作過程の展示ブースがあります。
正面から入って、時計回りに見ました。
限定品物販コーナー側から入ったとしても、ブースの左手側から時計回りに見るのが正しそうです。
(導線が悪い・・・)
DSC_0229_201708180105351ad.jpg
DSC_0230_201708180105365ba.jpg
DSC_0231_2017081801053725c.jpg
DSC_0232_20170818010539134.jpg
DSC_0233_201708180105406dc.jpg
DSC_0234_20170818010542ed8.jpg
DSC_0235_201708180105434cc.jpg
DSC_0236.jpg
DSC_0237_20170818010546951.jpg
DSC_0238_20170818010548e0a.jpg
DSC_0239_20170818010549ce3.jpg
最後のは静岡のガンプラ工場のジオラマのようです。
トラック(?)が自動で走っていました。

「バンダイの技術力は世界一ィイイイイイッッ!!」コーナーを抜けると、
GBWCの歴代世界チャンプのオリジナル作例が飾られています。
DSC_0240_20170818010910eaf.jpgDSC_0241_20170818010911103.jpgDSC_0244_201708180109159d8.jpg
DSC_0243_20170818010914025.jpg

その先にはガンプラ製作スペース。
無料でニッパーを貸してくれるそうです。
ガンプラは持参。
DSC_0242_20170818010912cec.jpg

はい、ここ注目。
DSC_0245_20170818010917285.jpg
1/48ユニコーンガンダムの塗装実演コーナーが有りました。
実演者(?)はプロモデラーのマイスター関田さん。
模型ファクトリーを退職された後、どうされるのかなと思っていたら、ここで実演されていました。

何気にコレ凄い事だと思いました。
お台場までこなければならないけど、プロが、毎日(?)、無料で、実演してくれたり、質問に答えてくれるんですよ?
近所のプラモが上手い店員さんだと、どうしても話しかけると仕事の邪魔だろうかとか、
時間取らせちゃうなとか思ってしまう人、ここだと、プロが、説明するのを仕事にして立ってくれているんです。
実際、サイコフレームが大理石みたいに白とクリアレッドの斑に塗装されていて、
「このサイコフレームの塗装どうやったんですか?」って聞いたら、
あっさり「赤く塗った後に白でスパッタリングしたあと、フチを赤でさらに塗りました」と種明かししてくれました。

毎日関田さんではないとは思うのですが(?)、模型店の店長さんの経験もある方なので、
お客さんとのやり取りは慣れたものかと思います。
聞かないと損です。
というか、ガンダムベースの最大の見世物はこのブースです!
みんな関田さんの所に集合~!

実演ブースの横にあった、雑誌作例など。
DSC_0246_201708180109183c6.jpgDSC_0247_2017081801092068c.jpgDSC_0248_201708180109217b2.jpg

THE GUNDAM BASE LIVEのブース。
何をどの程度の頻度で放送するのか?
ニコ生なのか、YouTubeなのか?
詳細一切わからず。
コレ系って運営大変なので、宝の持ち腐れになって欲しくないですね。
DSC_0253_20170818012313d4f.jpg

ブースに向かって右手にあった、ガンプラカスタマイズの作例。
DSC_0249_20170818012308766.jpg
その隣りにあったガンダム00関連の製品。
左にある名人の作例とやらは何でしょうね?
DSC_0250_20170818012309692.jpg
キャンペーンで当たるダブルオー。
DSC_0251_201708180123111e6.jpg

LIVEブースの向かいにある人形。
フォトスポットですかね?
DSC_0252_2017081801231222e.jpg

ショップの入口の間にある、プレバン製品群。
サンドロックEWもありました。
DSC_0254_201708180123159d6.jpg

限定品物販コーナー。
DSC_0255.jpg
最後4つはHPに情報出ていなかったけど、ガンプラEXPOの余り品と思われる。
EXPOやる度に商品入れ替わりそう。

各製品の写真はコチラ。
DSC_0256_201708180131015de.jpgDSC_0257.jpgDSC_0258_20170818013103e8d.jpg
DSC_0259_20170818013104158.jpg
DSC_0260_20170818013106796.jpg
DSC_0261.jpgDSC_0262.jpg
MGのクリア3つを買いました。

通常のガンプラショップは殆ど写真撮っていませんが、ヨドバシ秋葉を超えるラインナップです。
みんな大好きVガンダムのコーナーですらこの品揃え。
DSC_0263_2017081801311041a.jpg
さすがにVやV2は無いか~。
ガンブラスターなつかしいなぁ~。
当時、Vのガンプラ全部買った。

工具や塗料はMr.カラーの物が少し。
GUNDAM TOKYO FRONTの時はあった模型雑誌系は無かったと思う。
大量にガンダムデカールがあった。
EXモデルとかも。

出口近く、入口にあった歴代ガンダムの向かいには、新製品と限定ガンプラのコーナーが。
一部しか撮りませんでしたが、シナンジュのメタリックグロス。
DSC_0264_20170818013112fc0.jpg
正直一般品とあんまり違いが分からなかった。

ガンダムZZ。
DSC_0265_20170818013113132.jpg
カッケェ。

というわけで、THE GUNDAM BASE TOKYOのレポートでした!
関連記事

1/48 ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイ

8/5発売のガンプラAの付録、1/48ユニコーンガンダム ヘッドディスプレイを作りました。
DSC_0212_2017081715555893d.jpg
雑誌の作例を参考に、
サイコフレームはガイアのプレミアムメタリックレッドで塗装、
グレーの部分はメカサフ スーパーヘビィ、
角の黄色は秘伝のタレにしてみました。
白の部分はメタリックグロス成形そのままにしてあり、
今回トップコートは吹いていません。

スミ入れはあえて暗めの黒、
これまた雑誌を丸パク・・・リスペクトした、デカールも貼ってみました。

これにRG ユニコーンガンダムを乗せて、
RGシナンジュ+ヘッドディスプレイのセットにしてヤフオクに出そうという作戦です。

RGユニコーンができるのがいつになるやら・・・。
関連記事

RG シナンジュ(おかわり)

悟空以来ずっとブログを更新できていなかったのですが、模型活動はやってました。

RGユニコーンガンダムと合わせて売るために、RGシナンジュをおかわりしました。
DSC_0213_201708171555563db.jpg
作風は前回と同じで、黒とグレーをつや消しトップコートにし、赤・金は成型色のつやあり、白もつやありトップコートで、
ツヤの差によって、赤と金がより目立つようにという作戦です。

前回作ったときにはすっぽ抜けやすかったパーツ各部ですが、
すっぽ抜けやすいのは膝のパーツだけに改善されていました。
(手首、つま先が以前は接着しないとムリゲーだった)
個体差でしょうか?金型で直ったのでしょうか?

腕を曲げると二の腕のところが外れやすいのは相変わらずでした。

随分前に制作して本棚に飾ってあった1/48 シナンジュヘッドディスプレイに飾ってみました。
関連記事

超サイヤ人3孫悟空(ついに完成!)

前回緑に塗った草のところに濃い緑で集中線をいれつつ、
芝生の隙間に見えている土の部分ということで、茶色も少し入れたのがこちら。
DSC_0187_2017072023495435a.jpg

さらに明るい緑の集中線も入れたのがこちら。
一旦悟空も置いてみました。
DSC_0188_2017072023495676b.jpgDSC_0189_2017072023495654c.jpg

そしてついにアイツの出番です。
KATOさんの「日本のくさはら」。

草を生やしたい所に白い液体ボンドを塗って、ボトルの中で草をシャカシャカして、
ふりかけると静電気で立った状態で草が植えられるというもの。

やってみた。
DSC_0190_20170720234958836.jpg
立たなかった。
そして描いた草は全部見えなくなった。

多分原因は、室温30℃、湿度70%という劣悪な環境が1つ、
8cmから10cm離して、ボトルを押すということをせずに、ふりかけまくったのが1つ。

何はともあれ、オーラエフェクトの所に薄めた白で墨入れをして、
2月から作り続けていた超サイヤ人3孫悟空がついに完成です!
(というタイミングで、久々にライターのT2Oさんが遊びに来てくれていました!)

DSC_0191_2017072023495951b.jpg
「はぁああああああああああ!!!!」

そして、この汎用性の高さ!w
DSC_0192_20170721000214aed.jpg

写真撮影はまた時間がある時でも。
次回からは「RGユニコーンにまだ間に合う。RGシナンジュの仕上げ方」です。
間に合わないけどね。
関連記事

超サイヤ人3孫悟空(その20)

土のところに今度は白の線を描いて、全体をサンディウォッシュで覆って整えました。
草になる場所も集中線を意識しつつ塗ってみました。
DSC_0186_201707171232033eb.jpg
土だけの時は不安しかありませんでしたが、奇跡的に落ち着いた気がします。

この後草の所も集中線を描いていって、最後に草をふりかけ接着して完成になります。

(つづく)

おまけ
娘とEX STANDARDのデスサイズヘルEXを作りました。
DSC_0185_20170717123205959.jpg
ちょっとシールではムリがある部分が何箇所かありました。
時間あるときにまた部分塗装します。
関連記事

超サイヤ人3孫悟空(その19)

土台の塗装開始です。
本来はこっちを作るのが目的でした。

何もないとちょっとさびしいので、
まずは庭から拾ってきた石を配置してみました。
DSC_0166_20170716133341f4b.jpg
草と土の境界線も鉛筆で描いておきました。
(後で変更しちゃったけど)

ボンドでくっつけただけだと、いかにも「置いた」というふうに見えたので、
地面に一部埋まっているという表現にするため、下側を紙粘土で埋めました。
ただ、思ったよりも乾燥が早くて(室温30℃)、表面にデコボコをつける前に乾燥してしまい、
しょうがないのでパテを塗って歯ブラシでトントンして、模様をつけ、
紙粘土の色と違ってしまったので、上から白を塗ったのがコチラ。
DSC_0167_201707161333421e4.jpg

悟空を中心に「気」による風が吹き出している感を出すために、ちょっと濃い目の茶色で集中線的なものを描きました。
私に絶望的に表現力がないので、作品をダメにしていっている感があります。
DSC_0183.jpg
そういえば、こういう漫画的な表現の土台は見たことがないかもしれない。
ジオラマは大抵リアル路線ですよね。

全体を黄土色で塗って、調子を整えつつ、細い筆でさらに線を描き足していきました。
DSC_0184.jpg
石の後ろに影の線も入れてみたけど、ほぼ分かりませんね。

台だけに台無しになるのか、どうなのか?
まぁ、初めてのジオラマ?ヴィネット?ということで、素人発想で続きも頑張っていきます。
7月中には完成させたいですね。

(つづく)
関連記事

カラーリファレンスチップ(ガイアエナメル蛍光カラー編)

別記事になっていたものをカテゴリ分けするための再掲です。

ガイアノーツさんのエナメル蛍光塗料を早速買ってきました。
左からブルー、レッド、イエロー、ピンク、グリーンです。
筆塗りなので筆ムラがありますが、こんな感じで発色は良いと思いました。
DSC_0087_201704271042144bc.jpg
ニコ生放送だと正しい色をお伝えできなかったのですが、
肉眼だと文房具の蛍光ペンと同じくらいの発色ですかね???
これでガンダムの目をエナメル蛍光で塗れるようになった!
関連記事

カラーリファレンスチップ(NAZCA新色編)

NAZCAカラーの新色を試し吹きしてみました。
DSC_0165_20170709152639717.jpg
左から、
メカサフ SUPER HEAVY:黒立ち上げ用?フロストマットブラックよりはグレーよりですが、結構黒いです。
NC-005 ウォームライトグレー:ちょっと黄色味がかったグレーです。
NC-007 ジョイントグレー:やや紫が入ったグレー。
NC-006 ブルーフォグホワイト:何故ホワイトなのか分かりませんが、ブルーグレーという感じ。
一番右のはメカサフ HEAVY、メカサフ LIGHT、プラバンの色のサンプルです。
蛍光灯下で少し白飛びしています。

ツール&マテリアルというカテゴリを作ってみました。
探しやすいように過去のレビュー記事もこのカテゴリにまとめていきます。

ついで。
娘に納品が終わったバンシィ。
DSC_0164_201707091526379d4.jpg
スミ入れは一部のみで、基本部分塗装のみの仕上げです。
初めて筆塗り時にリターダーを入れてみましたが、なるほど筆ムラが出にくい。
(ビームライフルの青い部分)
関連記事

息抜きその2

EX STANDARDのビルドバーニングです。
DSC_0163.jpg
こちらも娘に納品完了。
ガンダムマーカーと墨入れペンのみ。
炎だけエアブラシ。

背後の炎は蛍光オレンジと蛍光レッドで塗っているのですが、色の差がはっきりせず、炎っぽくなりませんでした。
下地が赤だったことと、蛍光オレンジをもっと黄色に寄せるべきでしたね。

娘のプラモで実験させてもらってるの内緒。
(今回は炎の表現について実験)
関連記事

息抜きモデリング

本体が完成した悟空は少しお休みして、息抜きでガンダムに帰ってきました。

HGUC203のZガンダム。
ReviveのMk.Ⅱと一緒に。
DSC_0161_201707051355155b6.jpg

娘が作って俺が塗る。
Ex Standardのシナンジュ。
基本赤いですが、
DSC_0160.jpg
頑張って部分塗装するとこうなる。
DSC_0162_20170705135517647.jpg

現在は後ろに写っているビルドバーニングガンダムの部分塗装をやっています。
関連記事
NEXT≫
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

ニコニコ生放送で放送中!

至高(思考)の迷宮Live
工作の様子を
動画で観ることができます。

On Air中、または最新の放送は
コチラ
くっきい on Twitter
ニコ生の放送が始まると、
お知らせが飛びます。

Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - RE/100
 - PG
記事内紹介プラモデル


もっと見る
ブログ内検索
作品


























最新コメント
最新記事
カテゴリ
ツール&マテリアル (13)
超サイヤ人3孫悟空 (21)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW(おかわり) (5)
人造人間セル(完全体) (6)
RG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ (4)
MG LM314V21 V2ガンダム ver Ka(メカニカルクリア) (3)
RG MSN-06S シナンジュ (9)
MG MSN-04 サザビー ver.Ka メカニカルクリア (7)
MG RX-78-02 ガンダム(THE ORIGIN) メカニカルクリア (4)
HG プチッガイ as 白猫 (11)
RG GNT-0000 ダブルオークアンタ (7)
MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka (14)
ミレニアムファルコン (11)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW (5)
R2-D2 & BB-8 (4)
HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス (10)
YG-111 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型) (5)
RG GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (5)
RG XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロEW (5)
HG プチッガイ (23)
RE/100 MSN-04II ナイチンゲール (70)
RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム (2)
RG GAT-X105 エールストライクガンダム (4)
RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (3)
RG MSM-07S シャア専用ズゴック (4)
MG XM-X0 クロスボーンガンダム X0 (13)
RG GN-001 ガンダムエクシア (10)
RG ZGMF-X42S デスティニーガンダム (6)
RG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (10)
MG RX-78-2 ガンダム ver 3.0 (30)
RG GUNDAM GP01 & GP01Fb ゼフィランサス & フルバーニアン (13)
RG Zガンダム (2)
MG グフカスタム (2)
MG エールストライクガンダム ver RM (24)
MG ガンダムEz8 (2)
MG ガンダム ver ka ガンダムセンチネル版 (33)
RG ガンダムMk-II (1)
バンシィヘッドディスプレイ (1)
MG シナンジュ (9)
MG バンシィ (6)
MG THE-O (8)
シナンジュヘッドディスプレイ & Zガンダムヘッドディスプレイ (1)
SD シナンジュ & ガンダムヘッドディスプレイ (1)
未分類 (89)
月別アーカイブ
リンク
カウンター