ゴッドハンドさんのニッパー研ぎ直し

のど風邪が長引いていまして、咳が止まらないです。
というわけで、ナイチンゲールの塗装は休止中。


夏ごろゴッドハンドさんの究極ニッパーを買いまして、3つくらいプラモを作った辺りで錆びさせてしまいました。
素手でニッパーに付いたカスを払ったり、ニッパーを押さえながら切るクセがありまして、それが原因のようです。

新品の頃は豆腐の様にサクサクとゲートが切れていたのが、いまや普通のニッパーの様にパチンと切るような感覚まで刃が鈍ってしまいました。

Amazonではプレミア価格がついてしまっていますね。

店頭でも売り切れ状態が続いており、殆ど見かけたことが無い、人気のニッパーです。
白化が少なく、素組みで塗装しない人に特にオススメです。

さて、3300円もした高いニッパーで、再入手も困難、さくっと買い換えるのもちょっと気が引けるということで、ゴッドハンドさんのニッパー砥ぎ直しサービスを利用してみることにしました。
楽天市場 ゴッドハンドの刃砥ぎサービス

毎月1~7日ごろのみの限定受付で、ニッパーの砥ぎ直しをしてもらえます。
が、職人が多忙で9~11月は研ぎ直しサービスの受付をやっていませんでした。
12/1に受付が再開され、即申し込み、夜に「はこBoon」でニッパーを送付したのですが、本日ニッパーが戻ってきました。
正味2週間、ゴッドハンドさんの中では7営業日位で返送ですかね。

行きの送料+サービス料1080円+帰りの送料520円です。
私の場合、はこBoonで行きが600円位でしたので、2200円程かかりました。
そこそこのニッパーなら買えてしまいますが、アルティメットニッパーには換えがたい。

切れ味は新品時と同じように、ゲートがとうふのように切れるようになりました。
もう手で触らないようにしよう・・・。

錆び予防として、おなじくゴッドハンドさんのニッパーメンテナンス油セットを買ってみました。

まだ使用していませんので、使用感は分かりませんが、「いざ錆びてしまったら2200円」と思うと、1300円で錆びさせないようにメンテした方が安くつくと判断しました。

いままで何本ものニッパーを錆びさせてしまったので、このアルティメットニッパーはなんとか錆びさせずに、長く使えるように、メンテしていきたいと思います。

アスキーの何か当たったよぉ~?

風邪が喉の方に来まして、めちゃくちゃ痛いです。
というわけで、今日の塗装はお休み。

夜、佐川急便の対応に出た嫁が
「アスキーの何か当たったよぉ~?」
とのこと。

アスキーと聞くとファミ通しか思い浮かばなかった私は、「ハテ?応募してないぞ?」と箱を開けてみる・・・。
ファッ!?・・・HG Gセルフ・・・だと!?
DSC_0289.jpg
なんと電撃ホビーの読者プレゼントに当選してしまいました。

正直人生で懸賞に当たったことなんてほぼ無く、「雑誌のプレゼントなんて本当は実在しないんでしょ?」とか斜に構えていた私ですが、「電撃ホビーさんの懸賞は実在して、本当に当たる」ということで証拠の写真をアップさせていただきました。

今作成しているナイチンゲールのスジ彫りはこの号をモロパク・・・ゲフン・・・非常に参考にさせていただいているので、この号で当選というのはちょっと感慨深いものがあります。

HG Gセルフちょっと欲しいなぁ、でもどうせMGで出るんでしょ?
1000円切ったら買おうかなぁ、どうしようかなぁと悩み続けること数ヶ月。
ダブらなくて本当に良かったです。

応募締め切りは10/25、手紙は「12月吉日」、到着は12/12でしたので、雑誌の懸賞の抽選&発送って意外と時間かかるのですね。

普段HGは作らないのですが、Gセルフのヘッドディスプレイベースもありますし(他誌の付録ですが・・・)、そのうち気分転換にちゃちゃっと組んでみますかね~。


電撃ホビーさんへ(もちろん見ていないと思いますが)
Gセルフありがとうございます。
葉書に書いたナイチンゲールのLED点灯は、ご覧の通りまだ出来ていません・・・。
年内も怪しくなってきました。
ガンバリマス。

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その47)

3時間かかって中小パーツを1順塗り終わりました。
DSC_0287.jpg
DSC_0288.jpg
写真だと肉眼で見た色とちょっと違うと思うのですが、いい色が出ています。
もう1順塗る予定です。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その46)

赤の調色です。
DSC_0282.jpg
全皿モンザレッド2滴に
上段左から、色の源マゼンタ1滴(A)、(A)+微量の黒、(A)+黒半滴
下段左から、モンザレッドのみ(B)、(B)+レッド1滴+微量の黒、(B)+黒1滴

右端まで行くとくすみ過ぎ、真ん中だとちょっと物足りない感じでしょうか?
設定画の赤っぽさも真ん中ではちょっと足りない気がします。
ネオジオングレッドまで小豆色にならないにしても、もうちょっと赤黒くしたい。

カップに入っているのが最終的に調色した色です。
最初にモンザレッド1瓶にレッドを数滴ずつ混ぜて調色していきましたが、どうもモンザレッドが明るすぎる感じです。とにかく、180ml必要なので、モンザ1瓶、レッド1瓶を投入。モンザ66%、レッド33%、ここに白をちょっと足せばシナンジュレッドになるのですが、それだと明るすぎるので、色の源マゼンタを数滴ずつ混ぜながら赤みを強くし、同時に黒を数滴ずつ混ぜながら、彩度を落としていきました。

ネオジオングレッドというか、完熟トマトレッドというか。

できた30ml強の完熟トマトレッドを5mlずつ6つのカップに取り分け、6倍に薄めると180mlの調色済み塗料の完成です。
DSC_0283.jpg
1日では塗り終わらないので、今日使わない分はビンに入れて保管しておきます。
DSC_0284.jpg

大きいパーツから塗っていくことにしました。
まずは大きな腰後パーツに塗って、色比較。
DSC_0285.jpg
照明の関係で分かりにくいですが、元の色よりも渋い赤になっています。
サーマルブランケットの黒とも調和してくれるにちがいない・・・。

とりあえず今日は40mlで大きなパーツ6個塗り終わりました。
DSC_0286.jpg
残り140ml。
パーツはまだまだあります・・・。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その45)

黒塗り終わりました。
勇気が無くて、真っ黒ではないにしてもグレーとは言えず、もうちょっと白を混ぜればよかったのかなという黒になりました。
DSC_0280.jpg
サーマルブランケットの方はへこんでいる部分にエナメルの黒を塗って、出っ張っている部分はふき取り、つや消しトップコートまで終わらせてあります。
(シールドはデカールがまだなので、トップコートまだしていません)

追加塗料届きました。
DSC_0281.jpg
クリムゾンジェム!カピカピになっていた無くなりかけのモンザレッド!モンザレッド!モンザレッド!モンザレッド!レッド!シナンジュ塗った時の調合済みレッド!7人合わせて、赤色戦隊モンザレンジャー!
もうふたの色の違いも良く分からない・・・。

不覚にも風邪を引いてしまって、今日はここまでです。
土日で赤を終わらせたかったのに・・・。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その44)

赤はやっぱり納得が出来ないので、モンザレッドからの調色で塗りなおすことにしました。
これは痛い。

さて、モンザレッド塗料の到着を待つ間に、黒系の色を塗ってしまおうと思います。
以前考察したように、間接部の布っぽいものは、黒のサーマルブランケットという設定にしたので、ライトグレーグレーからの色変更になります。
DSC_0277.jpg

サーマルブランケット部ですが、継ぎ目が消しきれていなかったので、溶きパテを塗って、スポンジやすりで落とすことにしてみました。
DSC_0278.jpg

洗浄後、メカサフ HEAVYを塗ったのがこちら。
DSC_0279.jpg
サーマルブランケット部ですが、よく見ると、元の間接っぽいモールドが見えているので、関節はメカサフのダークグレー、サーマルブランケットは黒で塗り分けることにしました。

今日はここまでなのですが、黒は真っ黒ではなくて、少しグレーに寄せます。
モデグラ2011/04の真っ黒じゃなくてグレーにしたほうが良いよというアドバイスを試してみようと思います。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その43)

110ml使って、完全発色まで塗ってみました。
4重~5重相当になっていると思います。
DSC_0276.jpg

これはこれで良いと言えば良いのだけれども、もう少し彩度の低い赤の方が良いような気もする。
悩む・・・。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その42)

MR. HOBBYのMechanical COLOR SET Ver.REDに入っている、クリムゾンジェムという色で塗ってみることにしました。
(セットには他にフレイムシャイン、コーラルレッドという色も入っています)
10ml入りなのですが、5mlを6倍に薄め、30ml用意し、薄く1順目を塗装しました。
DSC_0274.jpg
結果、30mlでは1順いけませんでした。
恐るべし、ナイチンゲールの表面積。

この段階では塗りむらとかは気にせず、とにかくささーっと塗ってしまいます。

予想では良くて4順かかるだろうということで、急遽セットを2箱追加購入。
3箱全部で180ml分のクリムゾンジェムが用意でき、5順まで対応できるようにしておきました。
DSC_0275.jpg
ええ、そうです、コーラルレッドとフレイムシャインが3瓶ずつ余ります・・・。

1順塗った段階では、箱に表示されている色見本よりかなり明るく、朱色のような色をしています。
シンナーで薄めた段階ではもっと濃い赤をしているので、塗り重ねればきっと大丈夫と思いつつも、ちょっと不安です。
下地が白なので、今は実際の色よりも明るく薄く見えているだけと信じて、2順目、3順目と塗っていこうと思います。

箱絵は黒寄りのメタリックレッドという感じですが、サザビーレッドを目指しています。
↓こんな感じになるように・・・うん、きっとなる・・・最悪調色・・・。
MSN04II[1]MSN04II_bk[1]

大量の塗料が必要&何順かかるか分からないので、調色ベースでは難しいと思い、カラーセットを導入したのですが、はてさてどうなることやら。
ちなみに青いセットも売ってます。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その41)

何故か写真が縦長に表示されてしまう。
DSC_0273.jpg
小さいパーツも7重のベースホワイトが終わりました。

次回は修正箇所等無いか確認して、
いよいよ赤を塗っていきます。

長かった・・・。

(つづく)

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その40)

大きいパーツのベースホワイト吹きが終わったので、
小さいパーツのベースホワイトを吹き始めました。
DSC_0272.jpg

左半分は大きいパーツで、6~7重にエアブラシで吹いたものです。
(左端1列は缶スプレーで2重)
驚きの白さ。

右半分はまだ途中で3重です。

と、ここでベースホワイトが無くなってしまいました。
缶1本、ビン1.3本位使ったんですがね・・・。

心配なのは、この後赤塗料が足りるかどうかですね・・・。

続きは明日以降で!

(つづく)
NEXT≫
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

作品










最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
記事内紹介プラモデル


もっと見る
リンク
カウンター
広告
Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - PG
2015年2月
2015年1月
2014年12月発売
2014年11月発売
2014年10月発売
2014年9月発売
2014年8月発売