HG プチッガイ(写真撮影)

Logo2.png

赤とピンクのHGプチッガイを購入しました。
赤とピンクといえば、みなさんご存知の「VS騎士ラムネ&40炎」の仮面の勇者赤風&桃風です。
WS000001_20150617012225134.jpg


頭:耳のマルイチパーツ、チークガード、ティアラ(桃風)、ヘッドギア(赤風)、棒(赤風)を作成
体:胴の縞々をパテで埋めて、エリ(赤風)、ズボン等のスジ彫りを追加
腕:左腕を一旦切って曲げた状態でパテでつないだ。
   実は桃風の腕は一回り細く削ってある。女の子だもんね。
   右手も左手に合わせて若干延長。
手:円錐状の手を追加(アッガイぽく)
脚・足:手に合わせて伸ばそうかとも思いましたが、最後支え台に乗らなくなってしまうので、改造無し。
マント:設定画に合わせて、赤風は細く、桃風は若干太く
バイザー:いったんパテで作成し、それを型にして、色つき半透明下敷きをバキュームフォーム
塗装:シャドウ吹きをした後、キャラクターホワイト、フレッシュ、レッド、ブルー、イエロー、黒、茶色(白+マホガニー)、シナンジュレッドで塗装。その後つや消しトップコート(バイザーは塗装無し)

赤風
DSC_1154.pngDSC_1155.pngDSC_1156.pngDSC_1157.png
DSC_1158.pngDSC_1159.pngDSC_1160.pngDSC_1161.png

桃風
DSC_1166.pngDSC_1167.pngDSC_1168.pngDSC_1169.png
DSC_1170.pngDSC_1171.pngDSC_1172.pngDSC_1173.png

赤風&桃風
DSC_1174.pngDSC_1175.pngDSC_1176.pngDSC_1179.pngDSC_1180.pngDSC_1181.pngDSC_1182.pngDSC_1183.pngDSC_1184.png

100均で買って来たコレクションケースに入れてみました。
ミュージアムパテで固定してあります。
DSC_0480.jpg

終盤のトラブル続きにはかなり泣かされましたが、完成して良かったです。

HG プチッガイ(その22)

夏休み中かなり根をつめました。
前回は捨てサフの状態でしたが、今回で完成までいきました。

捨てサフ>キズ修正>捨てサフ>キズ修正>捨てサフ>OK>本サフと続き、
ちょっと今回も新しいことに挑戦しようと、フィギュアのようなシャドウ吹きに挑戦してみました。

塗りたい色よりも暗い色を調色してみましたが、その塗りたい色を塗ってみると、
シャドウが見えなくなってしまい、もっと濃い色のほうが良いのかと思って、
クリアブラックのような色を影になる部分に吹いてみました。
DSC_0476.jpg
残念ながら、このクリアブラックもあまりシャドウとして有効ではなかったです。
ちょっと薄かったのか、上から塗る色はシャドウが消えるまで塗ってはだめだったのか。

頭、耳、尻尾の色をどうするか少し悩みました。
最初は白くまにしようかと思ったのですが、どうしても胴体の白や赤風のバイザーの白と同化してしまいます。
赤いバイザーの捕食の緑とか、ヒグマのような濃い茶色とか検討しましたが、
最終的には薄い茶色にしました。
赤とピンクつながりで赤風&桃風なのに、もう関係ないやん!

で、途中写真はありませんが、この後塗装も終わり、いざ組み立ての最終段階というところで、
なぜか右手の薬指に瞬間接着剤が!
その指で赤風の頭をバッチリ触ってしまっていました。
DSC_0478.jpg
急いでふき取りましたが、10円ハゲができました・・・。

瞬着は一旦ペーパーパレットに出して、爪楊枝で少しずつ塗っていたし、パーツの瞬着を触った形跡も無い。
瞬着に触れた感触も無かったし、本当になんでついていたのかわからず、ニコ生放送中に悲鳴をあげてしまった・・・。

そしてもうひとつのミス。
赤風のヘッドギア接着後に位置が違うとずらしてしまった。
これにより、瞬着で塗料がはがれた部分があらわに・・・。
DSC_0477.jpg
一応ヤスリでやすってマスキングテープに塗料がかからないように細吹きで修正してみましたが、
もう完全には直りません。

この修正過程で、赤風の右耳の棒が取れてしまい、基部のパテもはがれるという2次被害も出し、
さんざんな目にあいました。

赤風はこのほかにも左襟の見えない部分にも擦り傷を作ってしまいました。

桃風の方は、襟をつけたまま顔の角度をかえていると、バキっという音とともに襟が取れました。
取れること自体は想定内で、もういらないやと取ってしまったのですが、
襟と体をくっつけていた瞬着のぶぶんの塗装が荒れてしまいました。
見えませんが。

こういうことがあるので、締め切り1ヶ月前に完成させるつもりでやらないとだめなのか・・・。
身をもって体験しました。

そんなこんなで最終局面にトラブルがありまくりましたが、ついに完成したのがこちら!
↓続き↓

HG プチッガイ(その21)

毎日のようにニコ生で模型放送していますが、
なかなか進捗しないので、ブログの更新は止まっていましたね。
夏休みに入ったので昼間も工作し、一気に進めています。

かなり苦戦したチークガードは5回ほどパテを盛ったりノコゴリで切って詰めたりを繰り返して、
やっと、「まぁ、いいか」レベルの形に落ち着きました。
DSC_0468_20150812211137bb4.jpg

一番の懸念のバイザーは、成功した4枚をまずおおざっぱに切り取り、
バキュームした時の型に重ねて、
DSC_0456_20150812211604b13.jpg
型に沿ってデザインナイフで切っていきました。
DSC_0457.jpg
ヤスリでやるよりも綺麗に切り取ることが出来ました。!
DSC_0467.jpg

さて、表面処理するかと思ったのですが、どうしても桃風の胸の形が気に入らない。
やり直すことにしました。

↓続き↓

HG プチッガイ(その20)

前回盛ったトゲ?は実は気に入らなくて、パテを盛りなおし、今日整形したものがこちら。
(パテ盛り直すと次の日まで待たないとなので、一向に進みませんねw)
DSC_0443.jpg
微妙に長さや角度が違っていたりするので、次回以降修正していこうと思います。
先は三角すいにしなくても四角すいで映像のような形になったので、四角すいのまま行こうと思います。

ちょっと長すぎて顔から離れすぎな感もあるので、中央切り飛ばして短くするつもりです。

ブログ的には殆ど進んでいませんが、ここまでです。
紆余曲折の過程を見たい方は、左のニコ生放送をご覧下さいw
(ひたすらヤスっている様が映っていますw)

いいこと思いついた。
完成したら写真をあかほりさんにTweetしてみよう。
きっとアカウント持ってるよね。

(つづく)

HG プチッガイ(その19)

ニコ生放送の開始と同時にTwitterアカウントにコメント飛ばせるように、
塩漬けになっていたTwitterアカウントを引っ張り出してきました。
まだテスト的に使っているだけですが、少しずつ活用していこうと思います。

適当に模型関係の人をフォローしてみたら1日でとんでもない量のツイートが流れてくる・・・。
読むのに時間かかるし、ほどほどに使わないとですね。

さてさて、チークガードの工作に入ります。

↓続き↓

HG プチッガイ(その18)

桃風のパンツと服のつなぎぶぶんのスジ彫りが終わりました。
が、地色がピンクだとどこほったのか、どのくらいキズつけちゃったのか、深さはどれくらいなのか、
全く分からないので、サフ吹いた後で確認&修正になりそうです。

↓続き↓

HG プチッガイ(その17)

バキュームフォーマー2号機を作るまでバイザーは一旦お休みにして、
円錐の手を付けてみました。
DSC_0436.jpg

本当はドラ○もんみたいな丸い手にしたかったのだが、
丸いと腰に手を当てられなかったので、オリジナルのアッガイに合わせて円錐に。

赤風はズボンの合わせ目にくるスジも掘っておいた。
桃風はまだパンツのラインを鉛筆で書いただけ。

バイザーはこの写真だと赤風の右側がゆがんでいるのが分かりますね。

次回は桃風のパンツを彫ります。

(つづく)

HG プチッガイ(その16)

100円ショップを3件回り、東急ハンズにも行って、個人経営の文房具屋でやっと見つけた透明下敷き。
なんで100円ショップで下敷き売ってないの?
最近の子は下敷き使わないの?
DSC_0434.jpg
クリアブルー、レッド、グリーンも2枚ずつ仕入れてみた。
1枚140円。

レッツバキューム!
惨憺たる結果に・・・。
DSC_0435.jpg
PET素材だったのですが、まず、加熱すると白濁する。
そして薄いので、バキュームするとフィルム状まで薄くなり、魚焼きグリルの網目に巻き付き取れなくなる。
大きさも微妙に小さくて、吸い込む勢いでクリップボードの枠から外れちゃった。

バキュームの勢いでバキュームフォーマーも壊れましたw。
魚焼きグリルの網だとたわんでだめですね。
タッパーもたわんでだめ。
丈夫な木の箱にパンチングプレートで作らないとだ。

そして、PET素材もだめ。
白濁は論外。
1mmの塩ビ板をまた買ってくるか・・・くぅ~高いんだよな・・・。
ネットで安いの探す・・・?

一応クリアカラー系の下敷きはまだあるけど、やるだけ無駄だろうな・・・。

停滞中・・・。

(つづく)

HG プチッガイ(その15)

大体下のラインもできました。
DSC_0427.jpg

↓続き↓

HG プチッガイ(その14)

バイザーの下のラインなどを整えて、少しパテが足りなかったのと、
耳の方が短くなってしまったのとで、
4回目のパテ盛り。
DSC_0425.jpg

だんだん形にはなってきたけれど、
バランスこれでいいのかな・・・。
でかすぎるかなぁ・・・。

(つづく)
NEXT≫
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

ニコニコ生放送で放送中!

至高(思考)の迷宮Live
工作の様子を
動画で観ることができます。

On Air中、または最新の放送は
コチラ
くっきい on Twitter
ニコ生の放送が始まると、
お知らせが飛びます。

Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - RE/100
 - PG
記事内紹介プラモデル


もっと見る
ブログ内検索
作品


























最新コメント
最新記事
カテゴリ
超サイヤ人3孫悟空 (18)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW(おかわり) (5)
人造人間セル(完全体) (6)
RG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ (4)
MG LM314V21 V2ガンダム ver Ka(メカニカルクリア) (3)
RG MSN-06S シナンジュ (9)
MG MSN-04 サザビー ver.Ka メカニカルクリア (7)
MG RX-78-02 ガンダム(THE ORIGIN) メカニカルクリア (4)
HG プチッガイ as 白猫 (11)
RG GNT-0000 ダブルオークアンタ (7)
MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka (14)
ミレニアムファルコン (11)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW (5)
R2-D2 & BB-8 (4)
HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス (10)
YG-111 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型) (5)
RG GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (5)
RG XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロEW (5)
HG プチッガイ (23)
RE/100 MSN-04II ナイチンゲール (70)
RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム (2)
RG GAT-X105 エールストライクガンダム (4)
RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (3)
RG MSM-07S シャア専用ズゴック (4)
MG XM-X0 クロスボーンガンダム X0 (13)
RG GN-001 ガンダムエクシア (10)
RG ZGMF-X42S デスティニーガンダム (6)
RG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (10)
MG RX-78-2 ガンダム ver 3.0 (30)
RG GUNDAM GP01 & GP01Fb ゼフィランサス & フルバーニアン (13)
RG Zガンダム (2)
MG グフカスタム (2)
MG エールストライクガンダム ver RM (24)
MG ガンダムEz8 (2)
MG ガンダム ver ka ガンダムセンチネル版 (33)
RG ガンダムMk-II (1)
バンシィヘッドディスプレイ (1)
MG シナンジュ (9)
MG バンシィ (6)
MG THE-O (8)
シナンジュヘッドディスプレイ & Zガンダムヘッドディスプレイ (1)
SD シナンジュ & ガンダムヘッドディスプレイ (1)
未分類 (95)
月別アーカイブ
リンク
カウンター