ミレニアムファルコン(出品)

先ほど出品しました。

1/144 バンダイ ミレニアムファルコン部分塗装完成品+おまけ

一度のみの出品とし、再出品無しで行こうと思います。
同様の出品物に比べればかなりお安いと思うのですが、
いかんせん汚しがハードなのでどう取られるか。

今回も良き人にもらわれていきますように(ー人ー)

ミレニアムファルコン(写真撮影)

Logo_20160305170003518.jpg
ミレニアムファルコンを部分塗装+汚し塗装のみで仕上げました。
設定の色は無視し、細かなパーツのディテールが映えるように部分塗装をしていきました。
パイプ類には思いっきって金色(実際にはブラス)を配色し、
うるさくなりすぎないようにチタンシルバーとガンメタルで周りのディテールを塗り分けていきました。

その後、デカールに塗装剥げ表現を施し、全体に汚し塗装を加えました。
砂の惑星ジャクーに長期間放置されていた事を考慮し、
機体の上面は砂汚れで黄色みを帯びており、下面は砂汚れなしとしました。

バンダイ純正のLEDですと数が足りないので、自分で電池ボックス、スイッチ、LEDを追加しました。
ワープドライブ(?)に青色LED4個、コックピットと昇降口にそれぞれ白色LED2個を配置しました。

土台の砂漠ですが、少しつるつるしすぎな印象を受けたので、
Mr溶きパテを歯ブラシでポンポンとたたきつけ、多少の凸凹を再現。
その後影色なども配色し、多少なりともザラザラした砂漠の表現を目指しました。

1面撮り忘れたのでまずは7面。
DSC_1396.jpgDSC_1397.jpg
DSC_1398.jpgDSC_1399.jpg
DSC_1400.jpgDSC_1401.jpg
DSC_1402.jpg

機体上部詳細
DSC_1403.jpg
前方
DSC_1404.jpg
左舷
DSC_1405.jpg
後方
DSC_1406.jpg
右舷
DSC_1407.jpg
コックピット(風防を外したところ)
DSC_1408.jpg
シートなど塗り分けています。

機体下部詳細
DSC_1409.jpg
前方下部
DSC_1410.jpg
右舷下部
DSC_1411.jpg
後方下部
DSC_1412.jpg
左舷下部
DSC_1413.jpg

機体側面
DSC_1415.jpgDSC_1416.jpg
DSC_1417.jpgDSC_1418.jpg
DSC_1419.jpgDSC_1420.jpg
DSC_1421.jpgDSC_1422.jpg
DSC_1423.jpg

昇降口&脚部
DSC_1429.jpg


LED発光時
DSC_1424.jpgDSC_1426.jpg
DSC_1432.jpg
フォトショで自動色調整したらたまたま幻想的な色になりました。
DSC_1433.jpg
コックピットの後部も光っていますが、あまり見えません。
DSC_1427.jpg
昇降口
DSC_1428.jpg

土台
DSC_1430.jpg
ザラザラ感と陰影を少しつけています。

汚し塗装は3度目でしたが、まだまだ修行が必要だなぁと感じた1作でした。

ミレニアムファルコン(その9)

塗装が終わったのでLED工作に入りました。
バンダイの別売りのものだと2,000円もする上に2箇所しか光らせることができないので、自作します。

2つ問題があります。
・LED設置用パーツは4mm径だが、手元にあるLEDは5mmと3mm径。
・LED固定用のパーツが4個しか付属しないので、4箇所以上設置するには数が足りない。

設置するLEDは搭乗口とコックピットに5mmの白色LED2箇所、
エンジン(?)部分にナイチンゲールに使用した青色LED4箇所とします。

白色LED用には設置パーツの穴を棒ヤスリで削って5mmに広げました。
青色LED用には設置パーツがそもそも足りないので、ポリキャップストックから4mm系のものを探してきました。
ただ、LEDはがちっと固定できるものの、軸が細いので本体に挿すにはガバガバです。

そこで、軸に1mmの穴をあけ、1mmの真鍮線を挿しました。
DSC_0659.jpg
その後ポリパテを固定用の穴に充填し、ポリキャップをプスッと挿し、そのまま固めます。
DSC_0660.jpg

配線等々して、ついにLED点灯!
DSC_0662_20160303103233a6f.jpg
昇降口もこのように光っています。
DSC_0663_201603031032346da.jpg
この状態では飾らないと思うけど・・・。

本体裏のパネルを開けるとスイッチにアクセスできます。
DSC_0664_20160303103236cef.jpg
単5電池を交換するには本体を上下に分割しなければなりません。
成型色(白)と汚した所の色の差がすごい・・・。

次回はディスプレイ用の砂漠を少し塗装しようと思います。
ツルテカのノッペリで味気ないので。

(つづく)

ミレニアムファルコン(その8)

本汚し塗装に入りました。

まずマルチグレーを全面に塗り、ススなどでくすんだ感じということに。
パネルラインがあんまり上手くいけてなかったので、パネルラインにマルチブラックを。
再墨入れのようになり、モールドがくっきりとしました。
さらに、サビ垂れを筆で書き、砂漠に放置されて砂を被っているだろうということで、
全体的にサンディウォッシュで黄色のトーンを加えました。
そこまでやったのがこちら。
まだ拭き取り前です。
DSC_0657_201602260953371c3.jpg
汚いっ!

ここから綿棒で拭きとったのがこちら。
DSC_0658_20160226095338d45.jpg
少し白さが戻ったでしょうか?
派手かな~と思っていた金色のパイプはもう完全に馴染んでますね。
デカールもトーンが他と馴染んだように思えます。

次回は裏側の汚し塗装です。
裏側は砂の付着は少なそうですので、主にスス汚れになるでしょうか?

(つづく)

ミレニアムファルコン(その7)

ラッカーシンナーだとデカールの塗料だけではなくて、周りのプラスチックまで溶かしてしまうので、
ラッカーシンナーでの塗装剥げ表現作戦は諦めました。
かわりに紙やすりで一生懸命こすり、最後にツヤ消しトップコートしたのがこちら。
DSC_0655.jpg

さらに、DENGEKI ONLINEで紹介されていたスモークグレーをパネルラインに塗装したのがこちら。
DSC_0656_20160223231929679.jpg
調色した色よりもスモークグレーが薄い!
そして、細吹きがうまくできなくて、失敗しまくった!

とりあえず、見なかったことにして、次回汚し塗装本番です。

(つづく)

ミレニアムファルコン(その6)

デカール貼り終わりました。
DSC_0654.jpg
うるさい様に見えていた金色塗装も、デカールの色が入ったことで馴染んだような気がします。

次はデカールの塗装ハゲに挑戦します。
実験してみたところ、ラッカーシンナーでデカールの塗装をはがせたので、
ラッカーシンナーでこすって、正に塗装剥げを表現してみようと思います。

(つづく)

ミレニアムファルコン(その5)

現在はもうデカール貼りの作業をしていますが、
少し遅れてコックピットの塗装写真です。
DSC_0653.jpg
筆塗り下手すぎて泣ける。
そして、コックピットのキャノピーはめたら塗装がほとんど見えなくなって2度泣いた。

引き続き
デカール>チッピング>トップコート>本汚し>トップコート
で完成です(土台の塗装は除く)。

もう1ヶ月半位やってる?
こんなに手間かけるつもりなかったのに。
短期間で仕上げる人すごいなぁ。

(つづく)

ミレニアムファルコン(その4)

部分塗装が進み、だんだん組み上がってきました。
DSC_0646.jpg
ちょっと悩んで、後部のファン?エンジンクーラー?は黒くしてみました。
DSC_0647.jpg
金やら黒やら配置してみたのですが、いまいちしまらなかったので、えーいと黒く。

前方上部はこんな感じ。
DSC_0648.jpg

側部もパイプを金にして、黒・銀を配色。
DSC_0649.jpg
DSC_0652.jpg

まだ部分塗装が終わっていないパーツが有り、デカールまでまだ掛かりそうです。
(つづく)

ミレニアムファルコン(その3)

ここしばらくはミレニアムファルコンの部分塗装をしていました。
ここからは設定は完全に無視して、自分の好きなように塗っていきます。

まず、沢山あるパイプ類を金色に塗ってみました。
DSC_0642.jpg
DSC_0643.jpg
シルバーだと目立たなさすぎで、オリジナルで塗る意味が無いと感じ、
ブラスかメタリックブラウンで悩んで、ブラスにしました。

そして、シリンダーはチタンシルバー、パイプの両端等固定器具はガンメタル、
その他は
成型色:ブラス:シルバー:ガンメタル=50:25:15:10
位を意識しつつ、色を配置していきます。

この2つのパーツだけ配色終わったので、
DSC_0644.jpg
重ねてみると・・・。
DSC_0645.jpg
どーですか、お客さん!
この立体感!

というわけでエンドレスな部分塗装を続けています。
工程がまだまだあって、こんなに手をかけるつもりではなかったんだけどな、と思う今日このごろ。

(つづく)

ミレニアムファルコン(その2)

スミ入れついでに全体に塗布した汚しを綿棒で落としました。
DSC_0641.jpg
なんとなくスジが残るように拭きとって、雨だれの跡的な汚れにしましたが、
そういえば、ミレニアムファルコンってep7では砂漠の星に野ざらし状態で、
雨などほとんど降らなかったのでは?とか思いました。

しかし、思いの外なんだかいい感じに汚れを残せたと思うので、気にせず次のステップに進もうと思います。

次は、パイプ類の部分塗装です。
未だに何色で塗るか迷っています。

(続く)
NEXT≫
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

ニコニコ生放送で放送中!

至高(思考)の迷宮Live
工作の様子を
動画で観ることができます。

On Air中、または最新の放送は
コチラ
くっきい on Twitter
ニコ生の放送が始まると、
お知らせが飛びます。

Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - RE/100
 - PG
記事内紹介プラモデル


もっと見る
ブログ内検索
作品



























最新コメント
最新記事
カテゴリ
ツール&マテリアル (13)
RG ユニコーンガンダム (2)
超サイヤ人3孫悟空 (22)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW(おかわり) (5)
人造人間セル(完全体) (6)
RG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ (4)
MG LM314V21 V2ガンダム ver Ka(メカニカルクリア) (3)
RG MSN-06S シナンジュ (9)
MG MSN-04 サザビー ver.Ka メカニカルクリア (7)
MG RX-78-02 ガンダム(THE ORIGIN) メカニカルクリア (4)
HG プチッガイ as 白猫 (11)
RG GNT-0000 ダブルオークアンタ (7)
MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka (14)
ミレニアムファルコン (11)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW (5)
R2-D2 & BB-8 (4)
HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス (10)
YG-111 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型) (5)
RG GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (5)
RG XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロEW (5)
HG プチッガイ (23)
RE/100 MSN-04II ナイチンゲール (70)
RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム (2)
RG GAT-X105 エールストライクガンダム (4)
RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (3)
RG MSM-07S シャア専用ズゴック (4)
MG XM-X0 クロスボーンガンダム X0 (13)
RG GN-001 ガンダムエクシア (10)
RG ZGMF-X42S デスティニーガンダム (6)
RG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (10)
MG RX-78-2 ガンダム ver 3.0 (30)
RG GUNDAM GP01 & GP01Fb ゼフィランサス & フルバーニアン (13)
RG Zガンダム (2)
MG グフカスタム (2)
MG エールストライクガンダム ver RM (24)
MG ガンダムEz8 (2)
MG ガンダム ver ka ガンダムセンチネル版 (33)
RG ガンダムMk-II (1)
バンシィヘッドディスプレイ (1)
MG シナンジュ (9)
MG バンシィ (6)
MG THE-O (8)
シナンジュヘッドディスプレイ & Zガンダムヘッドディスプレイ (1)
SD シナンジュ & ガンダムヘッドディスプレイ (1)
未分類 (89)
月別アーカイブ
リンク
カウンター