MGシナンジュ(番外編)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年5月です。)

積みプラモを整理していたら、こんなものが出てきました。
0d5cuw_shKDPsUsAESi6QccZ6vUz02gAYnk0O7_EyI.jpg
すっかり存在を忘れていましたが、UCエース vol4の付録、
MG 1/100 シナンジュ用バズーカです。

付録の癖してパーティングライン消しとか、継ぎ目消しとか手間がかかりましたが、
(その割りに継ぎ目消しに失敗したという)
組み立て完了。

そこで、ふと思う。
ハテ、カラーリングどうだったかな?
ep6を見直し、カラーを確認。
冒頭シナンジュがビームライフルからバズーカに持ち替えるシーンです。
0d5cmLYuu0aGqIWjtc63Zk8L9LY2N9wAYnjmYuDXWg.jpg
0d5c6niA-65hmwWTl7Hb-WbecmCV37kAYnjmtnGLN8.jpg
大体グレーで、砲身だけ白みたいね。
連邦系のバズーカの配色なのは、やはり中身は連邦のMSだからでしょうか。

で、塗装も終わりました、
0d5cCy7i2Z8vgqL3m-unq8xdzsZFfnMAYnjnAN3RwI.jpg
ミサイルが汚いのは、どうせ見えなくなるからと筆で塗ったから。
砲身が汚れているのは、ベースホワイトを吹いたらどうも径が太ったみたいで、
砲身を包むパーツがキツキツ(もう、ギッチギチです)になってしまい、色が移ってしまったため。

さすがに右手の指が複雑骨折しているのになんとか持っているライフルに、
劇中のごとくバズーカを接続するのは忍びないので、
シールドに取り付けましたとさ。
0d5cF_tjSTpx7FVu1s12xgu3KgWLKB4AYnjnV3QlTo.jpg
バンシィ&ヘッドディスプレイ達と一緒にパシャリ。


おまけ
ピンボケしていますが、PG ダブルオーライザー。
0d5cuAk6kIanJwhysi3P15AS3QVDFkgAYnkVKYw9JQ.jpg
うしろにちょろっと写っているのは、デンドロビウムです。

素組みに墨入れまでやって、シール&デカールを貼るのが面倒くさいなぁと
ずっとサボっていたダブルオーライザーですが、
積みプラモを片付けるこの機会にシール&デカールを済ませました。
(シナンジュのデカールの数に比べたら、楽勝~♪)

3・11の震災時に棚から落ちて、台座のピンがボキッといったので、
本棚に突っ立っているだけのダブルオーライザーでしたが、
瞬間接着剤でピンを接着し、台座に戻り、数年ぶりのポージングです。
が、台座に乗せたら、本棚に入らなくなってしまいましたwwwww

ちなみに肩のGNドライブは電池切れで、すぐ止まってしまいます。

次回作はまだプラモ手配中で手元にありません。
さて、どうしたものか。

MGシナンジュ(完成)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年5月です。)

ハンドパーツ届いたのですが、指間接が動かせないのと、
やはり手の甲のパーツが接着しないとくっつかないので、
塗り直しも面倒くさいし、折れた指のままで完成としました。

では、写真撮影会です。
上記指の都合で、ポーズは2ポーズしかやりませんでした。
0d57YQyyPth8R6s60hvH01OTIg_tfVYAYh0mxLNKRM.jpg
0d57RXcMVB0lQJZia2j63IqCs7aKIlkAYh1FbG_qtQ.jpg
今回のチャレンジは研ぎ出しによるツヤテカ塗装でした。
写真では分かりにくいかもしれませんが、窓からの光がツヤツヤ反射しています。
0d57iD2kaf8wT9pR-ejWlB9eu0otwBkAYh2TZ4DZDg.jpg
今回の隠しネタその1はシナンジュ専用ディスプレイベースです。
通常版と違って、赤いのと、ジオンのマーク等のシールがついています。
0d57U6mKGFLV1Lbaox586sQjh6tqDSkAYh1FrIoWPA.jpg
0d57TXlEqYZZQNpx9ZPrMWCTZGT53moAYh2Tp36aRw.jpg
0d57TGMmcIP9gbwRzzNKSx_j1QIdodkAYh2T03GzLU.jpg
0d57n97WhdjBmIjfLBb2zQjsZpjbwUQAYh2T8x5Oho.jpg
0d57zwXLb3mMlCR5t3YpksHUHyuioIgAYh2UE6ZnCM.jpg
0d570VVyIeMBPCUU0tw0TZLCB5cx0g0AYh0n1BvrEg.jpg
0d57awPplyKcLWD-k6-9WLRjdONtQdAAYh1GiAmMRI.jpg
0d57TSSN9IhAOKGvfIIaVr1WqF0xNOQAYh2Wkg6DTA.jpg
0d57WDb3DRhyNpsKt3AU4-A4r5Y8A-sAYh0qT66E_Y.jpg
0d57E5OmuRx1nFHxbUwceS79SF_pnEQAYh1I-la0EM.jpg
隠しネタその2は、前回のバンシィで使ったルミパウダーによる、カメラの発光です。
「またまたやらせていただきましたぁああああ~~ん」

ピンボケ写真多いですね・・・。
(カメラの機能使いこなせていない・・・)

以上、MGシナンジュでした!

次回のネタは・・・実はもう完成しています。
続けてアップしますよ~。

MGシナンジュ(その7)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年5月です。)

組み立て完了しました。
0d52goBkw2q54rbMsSxrzWmhSFFDfOEAYbqYxTNMHs.jpg
写真では明るすぎる朱色に見えてしまっていますが、肉眼ではもっと濃い赤です。
光量を絞るカメラの設定を覚えないとですね・・・。
(そろそろ設定全部オートは卒業しなきゃ)

素組みとの比較画像です。
0d528spVwIpFattDm-EdF4KbHTx1P_cAYbrdRNCmj8.jpg
光の反射具合が変わっています。
「当たらなければどうということはない」ということで、
装甲はロールアウト時のままツヤテカなのだろうという設定です。
もうちょっとツヤテカ感が出る撮影ができると良いのですが。

組み立て時にあちこちポキポキ折れました。
特に右手は再起不能、左手は、間接動かすと確実に折れます。
右手は瞬間接着剤で武器を握ったときの形で無理矢理固定しました。
自分の指と指がくっついたときは焦ったぁ・・・w

そのままと言うわけにはいかないので、
ただ今手のパーツ(ビルダーズパーツのジオン手)を取り寄せ中。
ツヤテカにした手の甲は本体からもっていきたいけど、できるかなぁ・・・。

というわけで、撮影会はまだお預けです。

次作るときは、ABS樹脂が折れないように、
1:負荷がかかっていそうなパーツはバラしてから塗装する
2:サフは薄めに吹いて、シンナーが即乾くようにする
辺りを気をつけようと思います。


オマケ
ツヤテカ塗装で活躍した、タミヤの電動ドリルと、ボデーペン。
ボディーじゃなくて、ボデーでしたw
0d52Zalx5fZeL5fiz8t3Zyi3rphO_I4AYbr5wwxkgU.jpg
電動ドリルはプラモデルになっていて、自分で組み立てます。
ボデーペンは車用で、300mlで1000円弱。
プラモ用だと170mlで800円弱なので、お得です。
(使い切らないとお得にならないけどね!)

MGシナンジュ(その6)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年5月です。)

クリアー塗装と研ぎ出しを行いました。
1.まず、クリアー無しの前回の写真
ザラザラ、モヤっとしています。
0d4oEFARc94wUL6Zp2fHPyytUhzadIcAYR722XxeQU.jpg

2.スーパークリアーIIIを2回とスプレーのツヤ有りトップコートを1回吹きました
テカっているものの、表面がオレンジの表皮のようにブツブツです。
0d51LBS-OYQ-j2-TAqEoOJ7gxLo8HhQAYZ_b5u7KIY.jpg

3.#2000の耐水ペーパーで表面処理をして、車用のボディーペン(クリアー)を1回厚吹きしました
厚吹きによって表面張力で割りと平らになったみたいで、結構テカっています。
やすりがけで一旦汚くなるので、ちょっとドキドキでした。
0d51-ATL-VPPVvNNp1umdaPysb0R6bQAYZ_cPUE__Q.jpg

4.タミヤのコンパウンド(粗目)で磨きました
一旦表面の映り込みがモヤっとしています。
0d51MUAVoUjGZWVj2y1QFDgrL8upddwAYZ_chrZRJA.jpg

5.タミヤのコンパウンド(細目)で磨きました
表面の映り込みがかなりいい感じになりました。
0d51fXMwkUebIWHY_h3npwNMeoqxzU4AYZ--as-PJA.jpg

6.タミヤのコンパウンド(仕上げ目)で磨きました
5との違いが写真では良く分からない感じですね。
ためしにガンダムヘッドを置いてみたのですが、なんとなく顔が映り込んでいます。
肉眼では、条件がよければ反射面でも字が読めるくらいです。
0d51ZrUXnIHz57VPUQDO9npgSDmtbyUAYaAqms_QCU.jpg

パーツが120以上あったので、コンパウンドとか、1回3時間半かかりました・・・。

次回は研ぎ出しではげてしまった塗装を修正しつつ、組み立てていきます。
まだ隠しネタが2つありますよ。

MGシナンジュ(その5)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年4月です。)

アクリル塗料黄色(正確にはオレンジとの混色)の上に、
エナメルの黒を吹き付けたところがこちら。
0d4oypimWA6_8YSaP_90NSSYqzt0SpoAYR72hPQ62U.jpg
そして、エナメル溶剤&綿棒で黄色の部分だけ黒をふき取ったところがこちら。
スミ入れと同じ要領です。
0d4oEFARc94wUL6Zp2fHPyytUhzadIcAYR722XxeQU.jpg
作例ではエングレービングは金色になっており、デカールも金なのですが、
劇中では黄色っぽいので、黄色にしておきました。

ジュ「いっぱい・・・いっぱい綿棒が死んだよ。」
ブ「そんなものは私を殴って済ませろ。」
ジュ「うああああああ!」

というシーンを勝手に想像しました。
プラスチックも沢山使うし、罪作りな趣味だなぁ・・・。

綿棒は女性のネイル用(?)の先が三角形になっているのが、使いやすいです。
(マツキヨで購入)
普通の綿棒だとでかくて糸くずが・・・。

次は、黒パーツのデカール貼り、
その後は赤・白・黒・黄色パーツのツヤ有りトップコートです。
終わりが見えてきました!

MGシナンジュ(その4)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年4月です。)

米粒に漢字を書く練習のコーナー。
0d4lBc8o4M4yoJdt_dVX8DFpQ0-8IWEAYOb14t9ubo.jpg
うーん・・・。

鉛筆の芯の先にオブジェを作るアートだったと思うのですが、
(覚え間違いかも)
それに色を塗るときはハエの触角を使うそうです。
ハエの触覚を使用した筆とか発売されたら、買うかどうか悩むなぁ・・・w

赤装甲はデカールも貼り終わり、黒装甲の塗装待ちです。
デカール多すぎっ!
他のMGだとシールなCAUTIONマークが全部デカール!
厚みが無い分綺麗なマークになりますが、
曲面が多いので、ゆがんだり、やぶれたりしました・・・。
ごまかせる程度には修正してみましたが、どうなることやら。

黒装甲は白サフ吹き終わり、次は黄色塗装。
その後エナメルの黒で塗りつぶして、黄色の模様のところだけふき取り、
デカール貼ったら、赤装甲と一緒にツヤありトップコート。

まだまだ工程がありますね・・・。

MGシナンジュ(その3)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年4月です。)

赤装甲の塗装です。

一旦フィニッシャーズのファンデーションピンクで下地を作り、
0d4hOX-ApG8TQDLQpIToYkzZhHbg8SkAYJPFZ9I8OM.jpg
赤というより、朱色に近い色で塗装してみました。
0d4hTaYYKm_hUKREKmpRdFhB-GheucoAYJQSUzoZLE.jpg
イメージは、フェラーリレッドのテッカテカです。

元の成型色の赤と比べて、朱色に近くなっているのが分かるでしょうか?
0d4fvGMonO2zfovo9adWlFse6QozJEAAYG2HuLn2ig.jpg
この後スミ入れ、デカール貼りで一旦待機、
黒パーツの塗装が終わったらまとめてツヤ有りトップコートします。

MGシナンジュ(その2)

(某所からの引越し記事です。時期は2013年4月。)

0d4fvGMonO2zfovo9adWlFse6QozJEAAYG2HuLn2ig.jpg
シナンジュ塗装再開。
内部フレーム終わって、次は赤装甲。

MG シナンジュ(その1)

(某所からの引越し記事です。時期は2月です。)

素組み終わりました。
0d2jQAmgiTjFXbcqu8o2rDV7MhtjbPQAXDRW9-Zk4A.jpg
エンブレムのシールを貼っていないので、
素組みだとかなりショボくみえます。

作っている途中は頭や胸がやたら小さく感じられましたが、
全身そろうと、バランス取れているようにも思えて不思議。
でも、冷静に考えると足とか長すぎですよね。
(説明書のイラストだともう少し足が短く、マッチョにみえる?)
何頭身あるんだか。
ANBACのために四肢が長いのかな。

色合い的には成型色だと少し赤が濃すぎるきがするので、
(写真よりももっと赤黒く見えます)
説明書のイラストのような鮮やかな赤色にできたらいいなぁと思ってます。
0d2jfFBY9KohbFgqd2qtpXQKffbiA7kAXDS9fkyzD0.jpg
白、赤、黒、金あたりをつやありトップコート&研ぎ出しでつやつやにするのが今回の練習です。
グレーや内部フレームはつや消しで仕上げてみます。

MGバンシィと違って、パーツ単位まで分解する必要はなく、
ある程度まとまった単位で塗装できそうなので少し楽そうです。
その分、パーティングライン消しと継ぎ目消しをきちんとしようと思います。
(といっても、外から見える部分しかやらないけど!)

シナンジュ(スタイン)はユニコーン開発のためのサイコフレーム実験機という設定だったはずですが、
プラモ上はコックピットの周りだけサイコフレームのようです。
アニメで光ったりするんですかね?

ちなみに、ビームライフルの小さい方のカメラのピンを早速折ってしまいました・・・orz
説明書にはまわるって書いてあるんだけど、キツキツでまわらず、バキっと・・・。
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

ニコニコ生放送で放送中!

至高(思考)の迷宮Live
工作の様子を
動画で観ることができます。

On Air中、または最新の放送は
コチラ
くっきい on Twitter
ニコ生の放送が始まると、
お知らせが飛びます。

Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - RE/100
 - PG
記事内紹介プラモデル


もっと見る
ブログ内検索
作品



























最新コメント
最新記事
カテゴリ
ツール&マテリアル (13)
RG ユニコーンガンダム (2)
超サイヤ人3孫悟空 (22)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW(おかわり) (5)
人造人間セル(完全体) (6)
RG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ (4)
MG LM314V21 V2ガンダム ver Ka(メカニカルクリア) (3)
RG MSN-06S シナンジュ (9)
MG MSN-04 サザビー ver.Ka メカニカルクリア (7)
MG RX-78-02 ガンダム(THE ORIGIN) メカニカルクリア (4)
HG プチッガイ as 白猫 (11)
RG GNT-0000 ダブルオークアンタ (7)
MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka (14)
ミレニアムファルコン (11)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW (5)
R2-D2 & BB-8 (4)
HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス (10)
YG-111 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型) (5)
RG GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (5)
RG XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロEW (5)
HG プチッガイ (23)
RE/100 MSN-04II ナイチンゲール (70)
RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム (2)
RG GAT-X105 エールストライクガンダム (4)
RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (3)
RG MSM-07S シャア専用ズゴック (4)
MG XM-X0 クロスボーンガンダム X0 (13)
RG GN-001 ガンダムエクシア (10)
RG ZGMF-X42S デスティニーガンダム (6)
RG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (10)
MG RX-78-2 ガンダム ver 3.0 (30)
RG GUNDAM GP01 & GP01Fb ゼフィランサス & フルバーニアン (13)
RG Zガンダム (2)
MG グフカスタム (2)
MG エールストライクガンダム ver RM (24)
MG ガンダムEz8 (2)
MG ガンダム ver ka ガンダムセンチネル版 (33)
RG ガンダムMk-II (1)
バンシィヘッドディスプレイ (1)
MG シナンジュ (9)
MG バンシィ (6)
MG THE-O (8)
シナンジュヘッドディスプレイ & Zガンダムヘッドディスプレイ (1)
SD シナンジュ & ガンダムヘッドディスプレイ (1)
未分類 (89)
月別アーカイブ
リンク
カウンター