RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その14)

どんなスジ彫りをどのくらいの量やら無ければならないのか把握するために、
先に鉛筆で下書きしました。
左右対称とかはやっておらず、目で適当に線を引いただけです。
DSC_0214.jpg
かなり量があって大変だ、コレ・・・。

とりあえず、今日は2時間かかって、両足終わりました。
DSC_0215.jpg

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その13)

かねてよりの懸案だった、電池ボックス問題を先に解決させることにしました。

ネットで検索してみるとボタン電池ボックスはあるにはあるのですが、ちょっとお値段が・・・。
10個以上必要なので・・・。

というわけで、ホームセンターに洋白板を探しに行って、無かったので銅版買ってきました。

試作1号機
ノギスでボタン電池のサイズを測って、プラ版で少し大きめの箱を作ってみました。
DSC_0212.jpg
意外と箱が壊れない。
しかし、大きすぎて、接触が悪いです。

試作2号機
試作1号機で問題点が分かったので、2号機用に設計図を書いて、寸法ぴったり位で作ってみました。
DSC_0213.jpg
しかし、問題点が。
寸法がぴったり過ぎて、電池が取り出せないw
裏に穴を開けて、爪楊枝で突けば取り出せるようにしたのですが、
接着とかしちゃうと取り出せないなぁと・・・。

接着しなければいいのかな。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その12)

スジ彫りの続き。

左右の対象性をなるべく短時間でやるべく、マスキングテープをデザインナイフで切って、
DSC_0209.jpg
反対側に貼り付けるとかもやってみました。
DSC_0210.jpg

その他、ノギス、ディバイダー、スジ彫りテンプレート、マスキングテープ、ガイドテープなどなどを駆使して、
3時間でたった3個しか彫れませんでした・・・。

他の作業に比べて、経験不足感が出てしまっています。
はみ出した部分の修正も時間かかりそうだなぁ・・・。
まだ机の上に赤いパーツがどっちゃり残っています。

はみ出しは、表面処理した後に捨てサフ吹いて、修正しようかと思います。

(続く)
関連記事

埼玉プラモデルサミット in 八潮

今年も八潮での展示会に見学に行きました。
家から近い場所で、すんごい作品を見ることができるのは幸せなことです。

英才教育をするため、もうすぐ4歳の娘も連れて行きました。
(というか、ヨメが仕事で家に居なかったので、娘を連れて行かざるを得なかっただけ)

製作者さんの名前等まったく覚えてなくて申し訳ないのですが、
気になった作品などを写真に収めてみました。

DSC_0196.jpg
V2AB
Vガンスキーな私には、文句無くコレが1番w

DSC_0204.jpg
Vガンつながりで、もう1枚。
HGUC版とのことでしたが、すげー小さいと感じました。
設定だと15mなんでしたっけ?

DSC_0205.jpg
その横にあった同じ製作者さんのジム。
色合いがなんとなく気になりました。

DSC_0202.jpg
V2以外ですと、私的な今回の展示会のナンバーワンはこの百式。
造型とかではなくて、「え?金色ってこんなに綺麗に塗れるの?」ってだけです。
スイマセン。

DSC_0206.jpg
なんかえらいことになっているユニコーン。
もうトランスフォーマーみたいや。
14ヶ月かかったとか。

DSC_0197.jpg
渋いトールギス。

DSC_0198.jpg
小さいけど何かモコモコ感が気になったドム・トローペン。

DSC_0193.jpg
テッカテカのゾゴッグw
V2除けば2番ですw

さて、娘と一緒にいたので、娘がこれ写真に撮って~と言っていた物を紹介。
3歳児にウケたのはコレだ!

DSC_0195.jpg
ゴルゴⅢ?

DSC_0203.jpg
ANA版のZ PLUSかと思いましたw

DSC_0201.jpg
初音ミク。

DSC_0207.jpg
どっかのライダー風のベアッガイⅢ。
一番好きなガンダムどれ?って聞いたらコレだそうです。
多分理由は聞いたときに一番近くにあったからとか、そんなレベルかとw

DSC_0208.jpg
その隣にあったスゴイ色のアッガイ。

DSC_0200.jpg
ネオジオング。
このあとサイコシャードが着いてすごい大きさになってました。

DSC_0199.jpg
車。
選ばれた理由は多分ガンダムより親近感が沸いたのかと。

DSC_0194.jpg
ひこにゃんじゃなくて、ぴこにゃんとのこと。

ネタ系を作成された方、ウチの娘にヒットしてましたヨ。


今年もこのような機会を機会を与えて下さり、運営者の方に感謝です。
娘がいて、いつプラモを壊してしまうかドキドキしながらだったので、ゆっくり見れなくて残念!
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その11)

パテの削りカスが一杯付いていたので、一旦洗います。

が、上半身だけで結構大きなボウルが一杯になりました。
DSC_0190.jpg
というわけで、カニ鍋おかわり。
DSC_0191.jpg

で、スジ彫りを開始してみたのですが、
1時間半かかって、1パーツしか完成しなかった!
DSC_0192.jpg
うーん、もうちょっと効率良くやる方法を研究しないと、時間かかりすぎですね・・・。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その10)

ナイチンゲールの作業に戻ってきました。

手にある意味不明なバーニアのモールドは埋めます。
エポパテとプラスチックの段差を無くすべく、今度はポリパテを際に塗って、
やすりと#600の耐水ペーパーで成型しました。
DSC_0188.jpg
DSC_0189.jpg

次回は、削りカスが一杯付いているので一旦洗ってからスジ彫りの追加をしたいと思っています。


何気にスジ彫りの追加は初めてです。
理系な自分はここにパネルラインが無いとおかしいとか、理屈で考えてしまって、
結局どこに入れれば良いか、訳が分からなくなるような気がします。
ので、模型誌の作例を丸パク・・・いや、参考にさせていただく事にしようかと思います。

ナイチンゲールの背面にある燃料タンクとか、戦闘で攻撃されると誘爆の危険性があるので、
戦闘宙域到着と同時にパージしないとだめなのではとか思ってしまう・・・。

「当たらなければどうということはない」

いや、そうなんだけどさ・・・。
機動性を生かして、ノーダメージ前提の機体なのだろうか・・・?

(つづく)
関連記事

RG SEED 3体セット(出品)

RG SEED 3体セットを出品しました。
RG GUNDAM SEED部分塗装完成品3体セット

良き人にもらわれていきますように。
(ー人ー)
関連記事

RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム(写真撮影)

Logo_20140923215128432.jpg

RG SEED3体セットを部分塗装の簡単仕上げで完成させました。
3体目の写真公開はフリーダムガンダムです。

金属色シールを塗装に変更しつつ、さらに金属色を部分塗装しました。

DSC_1009.jpgDSC_1010.jpgDSC_1011.jpgDSC_1012.jpg
DSC_1013.jpgDSC_1014.jpgDSC_1015.jpgDSC_1016.jpg

DSC_1018.jpgDSC_1019.jpg
DSC_1020.jpgDSC_1021.jpg

DSC_1023.jpg
DSC_1026.jpgDSC_1028.jpg

スライド2
スライド3
スライド4

次回は3体まとめての出品です。
DSC_1036.jpg

(つづく)
関連記事

RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム(写真撮影)

Logo_20140923210416ccd.jpg

RG SEED3体セットを部分塗装の簡単仕上げで完成させました。
2体目の写真公開はジャスティスガンダムです。

工夫した点としては、いつもグレーでスミ入れしている白パーツを、
ブラウンでスミ入れし、全体的に赤いジャスティスになじませた事です。

真後ろの写真を撮り忘れてしまいました。
DSC_0985.jpgDSC_0986.jpgDSC_0987.jpgDSC_0988.jpg
DSC_0989.jpgDSC_0990.jpgDSC_0991.jpg

DSC_0993.jpgDSC_0995.jpgDSC_0996.jpg
DSC_0997.jpgDSC_0999.jpg

DSC_1001.jpgDSC_1003.jpg

スライド2
スライド3
撮影中にビームサーベルのピンを折ってしまい、瞬間接着剤での補修になりました。
スライド4
関連記事

RG GAT-X105 エールストライクガンダム(写真撮影)

Logo_20140923200315b25.jpg

RG SEED3体セットを部分塗装の簡単仕上げで完成させました。
1体目の写真公開はエールストライクガンダムです。

工夫した点としては、黒いパーツの墨入れを、
墨入れではなくて、グレーによるエッジ入れにしたことです。

DSC_0953.jpgDSC_0954.jpgDSC_0955.jpgDSC_0956.jpg
DSC_0957.jpgDSC_0958.jpgDSC_0959.jpgDSC_0960.jpg

DSC_0962.jpgDSC_0963.jpgDSC_0964.jpg
DSC_0965.jpgDSC_0967.jpg

DSC_0969.jpgDSC_0971.jpg

スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その9)

エポパテ削りの続きです。

まずは股間パーツ。
直線で退屈な印象でしたので、三角を乗せる感じにしました。
DSC_0185.jpg
#180で削ったので、パーツ側にも傷が付いており、表面処理の時に苦労しそうです・・・。

頭は、帽子を被っているようで、あまり好きではなかったので、胸に合わせてとがらせました。
DSC_0186.jpg
DSC_0187.jpg
ジオン系MSに見えるでしょうか?

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その8)

昨日エポパテ盛った所を削って、胸のパーツを延長し、とがらせてみました。
DSC_0179.jpg

股間と頭はまだ。

明日は家族サービスで昼間工作できないんだよなぁ・・・(´・ω・`)

(つづく)
関連記事

MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka(その2)

HWSが着弾しましたので、早速留守番モデリング。

第1形態
DSC_0174.jpg
この状態だと左腕のシールドが重すぎて、腕が下がってしまいます。

第2形態
DSC_0175.jpg
DSC_0176.jpg
バズーカがポロリしてしまいそうですが、この形態で飾ることになりそうです。

HWS状態のHi-νを持つと、ずっしりと重いです。
ナイチンが終わったら手をつけようと思います。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その7)

プラ棒に穴を開けて、腕のバルカン?ができました。
DSC_0159.jpg

次は足の工作です。
ナイチンゲールはキットのままだと足があまり開かなくて、ちょっと力なく棒立ちしているように感じます。
模型誌に書かれている通り、原因は2つの干渉パーツです。

1つめ、足首パーツのダボ。
マルイチモールドに当たる、上側のパーツを削ります。
DSC_0162.jpg
これだけで倍くらいの角度が付けられます。
(写真右が加工済み)
DSC_0161.jpg
しかし、外装パーツを着けると、干渉してまた足が開きません。(原因その2)
DSC_0164.jpg
そこで外装パーツの内側の干渉している部分を削ってしまいます。
(緑色が元のライン)
DSC_0173.jpg
足の爪を見ると分かりやすいと思うのですが、
加工前だと最大限足首を曲げると、干渉で足の爪がかなり曲がってしまう(写真左)のに対して、
加工によって、少ししか曲がらなくなります(写真右)。
この位まで干渉を無くしたという事です。
DSC_0165.jpg
また仮組みして、足を開いてみました。
いかがでしょうか?
DSC_0166.jpg

設定画を見ると、ナイチンゲールの足はかなり前方にあるように感じます。
そもそもナイチンゲールは鳥の名前で、
実は設定上、足の関節は鳥と同じように逆間接(人間と逆)になっているのではないかと、勝手に思いました。
そこでモモパーツを左右交換して、逆間接にしてみたのですがあまり上手くいかなかったので、諦めました。

つぎは股間のパーツ。
Hobby Japanの作例のように、形状変更してみようと思います。
DSC_0167.jpg
ついでに、胸や頭のパーツも形状変更してみるかと、エポキシパテを盛りました。
明日まで乾燥待ち。
DSC_0171.jpg

次は腰前方のアーマーのスラスターです。
電撃Hobbyの作例の様に、中にフィン状のプラ版を仕込んでみようと思います。
プラ版の厚さが1mmあるので、事前に土台パーツを1mm削ります。
DSC_0168.jpg
その後プラ版を貼って、ヤスリで成型。
DSC_0169.jpg
写真では全く分からないですが、スラスターにフィン状のモールドが付きました。
DSC_0172.jpg

さて、電飾ですが、どこに電池を仕込んで、どう配線するか悩んでいます。
電池が切れたときに交換できる場所に電池が無いといけない、
あるいは、郵送の際にプラモをバラす事も考えないとです。

(つづく)
関連記事

RG GAT-X105 エールストライクガンダム(その3)

取り寄せていたパーツが届きましたので、エールストライクに戻ります。
DSC_0156.jpg
机の上を片付け・・・う・・・これ片付けないと作業ができないのか・・・。
DSC_0157.jpg
ナイチンさんには一旦机の上から退場いただきました。

スミ入れ、トップコートを済ませて、エールストライクも完成!
DSC_0158.jpg

RG SEED3体セットこれにて完成です。
あとは写真撮って出品ですが、日曜は用事があるので、しばらく時間かかりそうです。
3体ともバックパックが重く自立できないので、アクションベース2付きで販売しようと思います。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その6)

LED・その他が着弾しました。
ナイチンゲールに仕込めそうなLEDは41箇所だったので、50個の青色LEDを買ってみました。
腰の小さいバーニア4個は悩むところ。
DSC_0152.jpg
いい光量で光っています。
DSC_0153.jpg
ただ、多分電池2個(3V)じゃ全然足りないんだろうなぁと思うので、
後々電池ボックス等買い足すことになりそうです。
設置する場所あるかな・・・。

別の話題。
素組みした後またばらす時に、雑誌の付録のパーツオープナーを使っていたのですが、
いかんせんプラスチック素材なので、先がボロボロになってきました。
先が鉄でできてたらボロボロにならないのになぁと思っていたら、あったよ、そんな製品が!
DSC_0154.jpg
DSC_0155.jpg
これで先を気にせずパカッと開けられる。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その5)

腕のバーニアモールドですが、やっぱり変だろということで、
正面のモールドはバルカン?のような銃みたいにすることにしました。

モールドは法線方向を向いているので、バルカン?が正面を向けるように、
一旦モールドを削り飛ばし穴を開け、
DSC_0149.jpg
プラ板で囲んで、
DSC_0150.jpg
ヤスリで削りました。
DSC_0151.jpg
後でプラパイプでも挿し込もうと思います。

他のバーニアモールドはパテで埋めてしまおうかな。

(続く)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その4)

継ぎ目消しが終わったので、次はディテールアップしていきます。

胴体パーツのマルイチモールドは3mmの穴を開けてしまい、
DSC_0136.jpg
市販のマルイチモールドに変更します。
(後で塗装後に接着)
スリット表現も、タガネで穴開けました。

同じルールを体の各パーツにも適用します。
とにかく穴とスリット。
DSC_0137.jpg
DSC_0138.jpg
DSC_0139.jpg
DSC_0142.jpg
DSC_0140.jpg
DSC_0141.jpg

一旦組み上げ直して、穴とスリットの効果を見てみます。
どうかな~。
DSC_0143.jpg
DSC_0144.jpg

この時点で気になるのは、腕についているバーニア表現のモールドが甘いこと。
ってか、手の甲近くにバーニアっているのかな・・・?
その近くにあるスリットの穴を開けるのを忘れていました。

TODO
・穴あけ忘れてるとこチェック
・手の甲のバーニアは市販パーツに変える?意味無さそうなので埋める?
・スジ彫りを追加したいなぁ
・電飾(パーツも買わないと)
・表面処理
・塗装
・スミ入れ
・デカール
・トップコート

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その3)

とりあえず、モナカパーツをムニュ付け(接着)しました。
DSC_0134.jpg

接着剤をタップリ塗って、合わせるとムニュっと接着剤がはみ出るので、ムニュ付け。
DSC_0135.jpg
隙間が完全に埋まり、削れば合わせ目が消えるという寸法です。

胴体はあとで分解して電池を埋め込んだりするかもしれないので、接着はしませんでした。

乾燥まで放置・・・。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その2)

今回から100円ショップで買ってきた皿立てに、必要なランナーを立てて、取り出しやすくしました。
ABC順に並べています。
DSC_0130.jpg
残ったランナーもABC順に箱に並べて、取り出しやすくしておきます。
DSC_0131.jpg

そして、素組みが完成しました!
DSC_0133.jpg
でかい!
とにかくでかい!

これ一瓶で塗装できるのか・・・?

今ぱっと思いつくのは、バーニアの中がちょっとさびしい感じなので、電飾はどうかなと思っています。
ライフルをまっすぐ保持できないのも気になりますが、これは修正できなさそう。
手もキュベレイみたいに尖らせると似合うかな~とも思うのですが、
ライフルと格闘している間に壊してしまいそうなので、この工作も私にはムリ。
後は大型のHGUCという感じなので、ディテールアップでしょうか。
モナカパーツも多いので、接着&継ぎ目消しもしないとです。

今月発売の模型誌に徹底工作例が出るらしいので、そちらも参考にしようと思っています。

(つづく)
関連記事

RE/100 MSN-04II ナイチンゲール(その1)

大雨の中買ってきましたナイチンゲール!
DSC_0126.jpg
一駅目では売ってなくて、秋葉原まで遠征しましたさ!
アソビットさんで\5599で多分最安なのですが、電車賃で台無しですからぁ!
ざんねぇ~ん!

箱がかなり大きいのですが、ガンダムAを置いてみたり、
DSC_0127.jpg
Hi-νガンダムの箱を置いてみたりしました。
DSC_0128.jpg
伝わるでしょうか?

さて、形式番号はMSN-04IIとなっており、
サザビーのMSN-04の後継機、あるいは改修機かのような形式番号がついていますが、
作品的にはパラレルワールド(アレはアレ、コレはコレ)扱いのようです。

とりあえずは素組みしていこうと思います。

(つづく)
関連記事

RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム(その1)

RG SEED3体セットの最後はフリーダムです。

一旦パーツをバラして墨入れをします。
相変わらずパーツが多い。
DSC_0124.jpg

はい、できました!
DSC_0129.jpg
え?
ちゃんとスミ入れして、部分塗装して、デカール貼って、つや消しトップコートしましたよ?

金銀銅シールの箇所は塗装に置き換えました。
後はバルカン等一部金属色で化粧しています。

部品取り寄せ中のエールストライク以外はこれで完成です。
来週には部品が届くのではないでしょうか。

(つづく)
関連記事

RG GAT-X105 エールストライクガンダム(その2)

エールストライクのスミ入れ、部分塗装、デカール貼りまで終わりました。
DSC_0123.jpg

取り寄せないといけないパーツがあるので、
トップコートは後回しにして、次にいきます。

次は3体目のフリーダムガンダムです。

(つづく)
関連記事

RG GAT-X105 エールストライクガンダム(その1)

エールストライクのスミ入れを始めました。
パーツが多い多い。
DSC_0121.jpg

右上の腰裏のパーツ、2つとも分解時に割ってしまいました。
取り寄せ確定です・・・。


ちょっと悩んだ黒いパーツ。
スミ入れは普通影の表現なので、表面色の暗い色で行います。
私の場合、赤のパーツのスミ入れはダークブラウンでやっています。

では、真っ黒なパーツのスミ入れはどうすればよいのか?
黒より暗い色はありません。

発想を逆転させて、ハイライトとしてグレーを入れました。
DSC_0122.jpg
筋として影になる部分の直ぐ近くにはエッジがあるはずで、
そこにハイライトがあってもおかしくないだろうという発想です。

さて、どういう仕上がりになるか。

(つづく)
関連記事

RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム(その2)

適当に撮ったので格好悪い写真になってしまっていますが、とりあえず完成。
DSC_0120.jpg

普段は白パーツはグレーでスミ入れするのですが、
ジャスティスは赤系統の色合いなので、ブラウンでスミ入れしてみました。

バルカンなど細かい部分にも金属色を入れてみたりもしました。

金銀シールの箇所は塗装に変更。

結果、結構時間がかかってしまいました・・・。

SEEDセットの2番手はエールストライクの予定です。

(つづく)
関連記事

RG MSM-07S シャア専用ズゴック(出品)

出品しました。
RGシャア専用ズゴック 部分塗装・簡単塗装・完成品

かなりお安いスタートとなっています。
良き人にもらわれていきますように(ー人ー)

(つづく)
関連記事

RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム(その1)

Hi-νのHWSが届くまでの間に、以前素組みしておいたSEEDの3体を簡単仕上げで売りにまわすかと
スミ入れを始めました。

まずはRGのジャスティスなのですが・・・・・・パーツが多いっ!!
DSC_0119.jpg

え?RGってこんなだっけ?ガンプラってこんなにスミ入れする所あったっけ?
ってな感じで、すごい時間かかった。
丸くてそんなにスミ入れが必要なかったRGズゴックの後だったので、なおさらそう感じるのかもしれません。

取り合えず、スミ入れ後、金属色で化粧しつつ、デカール&つや消しトップコートで仕上げます。

(つづく)
関連記事
プロフィール

@くっきい@

Author:@くっきい@
まだまだ精進が必要な身ですが、
模型製作記事+αをアップ
していこうと思います。

ニコニコ生放送で放送中!

至高(思考)の迷宮Live
工作の様子を
動画で観ることができます。

On Air中、または最新の放送は
コチラ
くっきい on Twitter
ニコ生の放送が始まると、
お知らせが飛びます。

Amazon リンク
ガンプラ
 - HGUC
 - HG
 - RG
 - MG
 - RE/100
 - PG
記事内紹介プラモデル


もっと見る
ブログ内検索
作品


























最新コメント
最新記事
カテゴリ
ツール&マテリアル (13)
超サイヤ人3孫悟空 (21)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW(おかわり) (5)
人造人間セル(完全体) (6)
RG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ (4)
MG LM314V21 V2ガンダム ver Ka(メカニカルクリア) (3)
RG MSN-06S シナンジュ (9)
MG MSN-04 サザビー ver.Ka メカニカルクリア (7)
MG RX-78-02 ガンダム(THE ORIGIN) メカニカルクリア (4)
HG プチッガイ as 白猫 (11)
RG GNT-0000 ダブルオークアンタ (7)
MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム ver Ka (14)
ミレニアムファルコン (11)
RG XXXG-01W ウィングガンダムEW (5)
R2-D2 & BB-8 (4)
HG ASW-G-08 ガンダムバルバトス (10)
YG-111 ガンダムG-セルフ(パーフェクトパック装備型) (5)
RG GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー (5)
RG XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロEW (5)
HG プチッガイ (23)
RE/100 MSN-04II ナイチンゲール (70)
RG ZGMF-X10A フリーダムガンダム (2)
RG GAT-X105 エールストライクガンダム (4)
RG ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (3)
RG MSM-07S シャア専用ズゴック (4)
MG XM-X0 クロスボーンガンダム X0 (13)
RG GN-001 ガンダムエクシア (10)
RG ZGMF-X42S デスティニーガンダム (6)
RG ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (10)
MG RX-78-2 ガンダム ver 3.0 (30)
RG GUNDAM GP01 & GP01Fb ゼフィランサス & フルバーニアン (13)
RG Zガンダム (2)
MG グフカスタム (2)
MG エールストライクガンダム ver RM (24)
MG ガンダムEz8 (2)
MG ガンダム ver ka ガンダムセンチネル版 (33)
RG ガンダムMk-II (1)
バンシィヘッドディスプレイ (1)
MG シナンジュ (9)
MG バンシィ (6)
MG THE-O (8)
シナンジュヘッドディスプレイ & Zガンダムヘッドディスプレイ (1)
SD シナンジュ & ガンダムヘッドディスプレイ (1)
未分類 (89)
月別アーカイブ
リンク
カウンター